ぐるっと東北:さよなら トラの親子 繁殖見据え県外へ…|ゴマフアザラシ さくら に感謝状 水族館アクアス|理想の水槽作りからサメやイルカが飛び交う水族館の設計…

ぐるっと東北:さよなら、トラの親子 繁殖見据え県外へ 秋田・大森山動物園 /秋田

2020/06/21 10:44
 秋田市大森山動物園で飼育されているアムールトラの家族6頭のうち2頭が6月下旬に同園を離れることが決まった。父親の「ヒロシ」がとくしま動物園(徳島県)に、2019年9月に生まれた四つ子のうち雌の「月」がいしかわ動物園(石川県)に移動する。
 同園によると、将来の繁殖を見据え国内の動物園で飼育するアムー…

ゴマフアザラシ「さくら」に感謝状 水族館アクアス

2020/06/21 10:40
 2000年の開館以来、愛らしい表情としぐさで来館者の人気を集める水族館アクアス(島根県浜田市・江津市)のゴマフアザラシ「さくら」(雌22歳)に20日、飼育員特製の感謝状が贈られた。
 さくらは山形県鶴岡市の加茂水族館で生まれ、アクアスの開館当初からアシカ・アザラシプールで飼育されている。これまでに9頭の子どもを産み、現在はこのうち4頭と過ごしている。
 約50人の来館者が集まった贈呈式では、大勢の人の視線に驚いて逃げようとする一幕もあったが、飼育員の前田菜穂さん(26)の誘導であおむけになり、前足で感謝状を受け取った。
 松江市浜佐田町の小学1年原田日瑚さん(6)は「受け取る様子がかわいかった。ずっと元気な姿を見せてほしい」と笑顔で話した。
 感謝状贈呈は開館20周年イベントの一つ。2月下旬に生まれた雄のゴマフアザラシの命名式もあり、丸々とした体つきと大きな福をもたらすよう願って「だいふく」に決まった。

理想の水槽作りからサメやイルカが飛び交う水族館の設計まで可能な『Aquascaping』2021年4月リリース決定

2020/06/21 04:07
編集部にメッセージを送る
Games OperatorsとPlayWayは、Dredge Gamesが手掛ける水槽シミュレーター『Aquascaping』を2021年4月15日にリリースすると発表しました。
本作は様々なサイズの水槽を自分好みにデザインできるシミュレーターです。中に入れる魚はもちろん、フィルターやエアポンプ、自由に配置できるサンゴなどカスタマイズ要素は豊富で、飼育するそれぞれの魚に適した環境を整えなければなりません。
またレストラン、ホテル、オフィス、富豪の自宅などで水槽を設計しお金を稼ぐといった要素も。キャリアを積めばサメやイルカ、シャチ、タコなどを収容できる巨大水槽もデザインできるうえ、水槽の中に入って魚たちを観察することも可能となるようです。

『Aquascaping』は、PC向けにSteamで2021年4月15日リリース予定です。《TAKAJO》