夏本番 サルに氷のプレゼント 福岡市動物園(TNCテ…|商業施設内に南米アマゾンのジャングル出現⁉︎新感覚の…|マッキーの動物園日記 国内のジャガーの3分の1が子…|他

夏本番 サルに氷のプレゼント 福岡市動物園(TNCテレビ西日本)

2020/07/25 20:19
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

商業施設内に南米アマゾンのジャングル出現⁉︎新感覚のネイチャーエンターテインメント水族館「カワスイ 川崎水族館」の楽…

2020/07/25 15:00
■連載/阿部純子のトレンド探検隊
最新テクノロジーを駆使した五感を刺激する水族館7月17日にオープンした「カワスイ 川崎水族館」は、川崎駅前商業施設「川崎ルフロン」の大規模リニューアルプロジェクトに伴い、日本で初めて既存商業施設内に作られた水族館だ。
川崎ルフロン9階、10階の2フロアを使用した延床面積約7000㎡の館内は、「世界の美しい水辺」をテーマに、地元の川崎市を流れる多摩川からアジア、アフリカ、南米アマゾンの熱帯雨林まで、69個の水槽、約230種(植物を除く)の生きものを展示。最先端の照明、音響、映像技術を駆使した空間演出で訪れる人を楽しませる。
水中カメラ映像をAIがリアルタイムで解析し、水槽内の生きものの種名と解説を大型ディスプレイやタッチスクリーンに自動で表示する、次世代の展示システム「LINNÉ LENS Screen(リンネレンズ スクリーン)」を世界で初めて導入。
8つの水中カメラと11台のタッチパネルを設置し、最先端のAIテクノロジーと飼育員のオリジナル解説により、ライブ感のある映像を見ながら、同時に生きものの情報を得ることができる。下記画像は、水槽内(矢印)のカメラの映像が、ディスプレイに映し出されて解説される様子。
各水槽や一部のゾーンにはQRコード魚名板を設置。スマホやタブレットでQRコードを読み込むと、……

【マッキーの動物園日記】国内のジャガーの3分の1が子孫というベテランママに妊娠の兆候

2020/07/25 14:00
 大阪市立天王寺動物園では、新型コロナウイルスの影響で休園していた期間に同居をしたジャガーのペアの間に赤ちゃんができた様子です。
 「動物園マニア」の目線で動物園経営を進めている牧慎一郎園長が、ベテランママ、ルースの懐妊の兆候について紹介しています。

 以前、本連載でジャガーの初同居についての記事を書きましたが、今回はその続報です。
 当園では、メスのルース(11歳)と若いオスのロン(5歳)のペアを飼育しています。昨年の夏に上海動物園との動物交換でロンに来てもらって、2頭の間でのペアリングを試みてきました。
 ルースは、これまで2度の出産(2014年、2016年)で4頭の子供を育てた経験のあるベテランのジャガーです。ルースの子供たちは、それぞれ京都、高知、静岡、愛媛の動物園へ引っ越しました。そのうち、高知に行ったメスのココちゃんは高知で子供を2頭産んで、そのうちの1頭が沖縄の動物園に引っ越しています。

「赤ちゃんカメ」40匹 名古屋港水族館で展示 両親とも同館生まれ? 世界初ケースの可能性 /愛知

2020/07/25 07:16
 名古屋港水族館(名古屋市港区)は22日、絶滅危惧種のアカウミガメが5月に同館で産んだ卵68個がふ化し、うち約40匹の展示を始めたと発表した。
 母カメは同館生まれ。同じ水槽には同館生まれの雄と、野生の卵から生まれた雄がおり、どちらが父カメか特定されていない。父カメも同館生まれと確認されれば、ふ化した赤ちゃんは、両親ともに水族館生まれの世界初のケースとなる。
 赤ちゃんカメは体重20グラムほどで、甲羅の大きさは約4センチ。同館によると、5月28日に雌の1匹が水槽に隣接する人工砂浜で卵79個を産卵し、7月21日にふ化した。
 交尾が撮影できておらず、父カメが分からないため、同館は遺伝子検査を研究機関に依頼する予定。母カメは6月14日と同30日にもそれぞれ87個と88個を産卵した。いずれも父カメは不明。
 同市立の小中学校は7月21日から夏休みに入っており、担当者は「夏休みと知って生まれてきてくれたのでは」とにっこり。「世界初の赤ちゃんかもしれないのでぜひ見に来て」と話している。

水族館のイルカの50%は突然死…「ハンファは残りのシロイルカを放流せよ」

2020/07/25 07:00
 海で数千キロメートルを動き、水深700メートルまで潜水するベルーガには、わずか7メートルの深さの水槽は、監獄と同じだということだ。彼らは「イルカ2頭のうち1頭が死んでいく所、それが水族館」だと述べ、「水族館を訪問してチケットを買い、写真を撮ってシェアをするすべての行為が、この残忍なシステムに貢献している」とし、水族館の訪問をやめるよう訴えた。
 イッカククジラ目に属すベルーガは、主に北極海やオホーツク海、ベーリング海などの冷たい海に棲息する。最大体長4.5メートル、重さ1.5トン、平均寿命は30~35年だ。通常10~20頭の家族が群れで生活し、人間のような複雑な社会生活を送る。これらの団体は、ベルーガやイルカのように社会性が強く行動半径が極めて広いクジラ類には水族館は特に過酷な環境だと主張する。
 そのため、米国やカナダ、インドおよび欧州連合の多くの国家は、すでにイルカを含むクジラ類の展示やパフォーマンスを禁止する積極的な保護政策を取り入れている。中国のいくつかの水族館はイルカを代替できるロボットイルカを取り入れ、まもなく公開する予定だ。
 これに先立ち、ベルーガ2頭が突然死したソウル松坡区(ソンパグ)のロッテワールドアクアリウムは昨年、最後に残ったベルーガの放流を発表した。一方、ハンファグループの系列会社のハンファホテルアンドリゾートが運営……

イルカショー迫力満点 のとじま水族館(北國新聞社)

2020/07/25 01:03
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……