仙台うみの杜水族館で夏季イベント 限定ショーや自由研…|GOMAさんの横断幕 浅虫水族館に登場|動物園だより 第1回 アミメキリンの赤ちゃんが生ま…|他

仙台うみの杜水族館で夏季イベント 限定ショーや自由研究企画、夜間営業も

2020/07/28 23:50
 「うみの杜スタジアム」では「燃えあがる夏」をテーマに、イルカ・アシカ・鳥による夏季限定のパフォーマンス「STADIUM LIVE ~Burning Summer~」を展開。「イルカたちがジャンプで上げる豪快な水しぶきや、アシカのコミカルな演技、鳥が頭上すれすれを飛ぶ迫力満点のフライトなど、生き物たちの身体能力を生かした躍動感あふれるパフォーマンス」と同館広報担当者。「今回新しく加わったアシカとパフォーマーによるスポーツ対決のパートでは、手拍子や応援で盛り上げてもらうなど好評いただいている」と話す。
 「自由研究」をテーマに楽しく学べるコンテンツも用意する。展示エリア各所に設置したQRコードを読み取ることで見られる来館者限定のオンライン解説「海より深い自由研究WEB」では、飼育しているペンギンの名前や性格などをリストにまとめた「うみの杜ペンギン図鑑」や、パフォーマンスで活躍するバンドウイルカの昼休みの過ごし方など、マニアックでディープな解説や紹介を見ることができる。2階企画展示室には、飼育員が疑問を解決する「Q&Aコーナー」を開設。生き物の生態や飼育についての疑問・質問を専用用紙に記入すると、飼育員が回答を掲示する。
 8月7日~18日の12日間は夜間営業「プレミアムナイトアクアリウム」を開催。通常の営業時間では見ることのできない夜の生き物の姿が見ら……

GOMAさんの横断幕、浅虫水族館に登場

2020/07/28 21:25
 青森市の県営浅虫水族館の正面外壁に28日、平川市在住のアーティスト・GOMAさん(33)が制作した独創的な横断幕が登場した。同水族館のマスコットキャラクター「ここる」を中心にイルカやアザラシなど10 ...

動物園だより <第1回>アミメキリンの赤ちゃんが生まれました

2020/07/28 19:18
福岡市 近日中イベント、お知らせ、しごと、催し、募集、施設、相談、講座・教室、講演会を発信。

水族館などの新たな鑑賞体験! リアルタイムAI・AR展示システムとは?

2020/07/28 18:03
先日、Tecable(テッカブル)では、『最新の展示技術を駆使した都市型水族館!「カワスイ 川崎水族館」とは? 』という記事を公開した。
このたび、同記事のなかにも登場するリアルタイムAI・AR展示システム 「LINNÉ LENS Screen(リンネレンズスクリーン)」と、スマートフォンアプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」の水族館や動物園などの施設向けプランが発表された。今回は、スタンダード、プレミアムにくわえ、コロナ禍の施設を応援するフリープランの3種類となっている。
ちなみに、同システムは先述の川崎水族館のほか、沖縄美ら海水族館、鳥羽水族館、サンシャイン水族館など国内10以上の施設で導入されており、海外施設での導入も決定しているとのこと。
大型パネルで詳細を確認「LINNÉ LENS Screen」と「LINNÉ LENS」は、Linne株式会社が独自開発したオンデバイスAI認識技術(特許取得済)で、高速で動く複数の生き物を瞬時に検知、正確に分類することができるシステムだ。
また、飼育員の視点でとらえたユニークな解説を掲載することができ、施設のオリジナリティを演出することも可能となる。
「LINNÉ LENS Screen」を活用すれば、水中カメラなどのライブ映像を施設内に設置したエッジAIシステムでリアルタイムに解……

30年以上前に盗まれたフェラーリ、川底で発見 地元水族館で展示する案が浮上

2020/07/28 17:00
手越祐也、4000万円のランボルギーニを初公開 高級車購入の理由に「『男なら』の夢ってあるじゃん?」
ロシアの動物園でマヌルネコの赤ちゃんが16匹誕生 モフモフぎゅうぎゅうにくっつく姿がかわいい
手越祐也、280平米の新居内部を公開 “ニートで2.5倍”の家賃に「マジで仕事頑張んなきゃ!」「タスケテ!」
山村紅葉、“人生最後のダイエット”で40キロ台に 過去には任天堂「Wii Fit」も活用
安村直樹アナ、8カ月で35キロ減量 体年齢は18歳に「スレンダーボディを手に入れました」
職務質問に「敬語で話せない人には協力できない」と真顔で返す同僚 「耐え子の日常」ーたまにド正論を吐く花田さん編ー
映倫、Apple配信サービスで「ロゴ無断使用された」 Twitterで異例の訴え
「控えめに言って女神」 深田恭子、パジャマ姿でぴょんぴょん→水着でサーフィンする姿に大変身!
【6年前の今頃は?】PSP出荷終了 最も売れたゲームソフトは?
「想像していた母親像」と「実際の自分」 違いを描いたイラストに「自分も」「わかる」と共感の嵐

首長くして待ってたよ 雄キリン13年ぶり誕生 秋田・大森山動物園

2020/07/28 15:57
 秋田市大森山動物園で、キリンの雄の赤ちゃんが13年ぶりに誕生した。屋内の寝室で順調に育っており、今後は体調や成長に応じて屋外に展示することを検討している。
 雄のカンタ(10歳)、雌のリンリン(15歳)の第1子として14日に生まれた。初出産のリンリンは子どもを認識できず、授乳ができなかったため人工授乳で育てている。
 体高は約180センチ、体重は62キロ(26日現在)で誕生してから10キロ増えた。名前は未定で、公募の実施を含めて検討する。
 三浦匡哉園長補佐は「久々の赤ちゃん誕生をうれしく思う。これからも元気に育ち、来園者からかわいがられる存在になってほしい」と期待した。

AIRDO機内誌『rapora(ラポラ)』8月号は「北海道の動物園。」

2020/07/28 15:12
総合政策部知事室広報広聴課 広報企画係 みくみんです
 道内の空港を拠点に、東京(羽田)線をはじめ、札幌-仙台、名古屋(中部)、神戸線や、函館-名古屋(中部)線を展開している「北海道の翼」AIRDO。
 そして、AIRDOでの旅のお伴は、機内誌​​『rapora(ラポラ)』​
​​​​​
​​​ ​8月号​の特集は​「北海道の動物園。」​​

   迫力ある姿に驚いたり、ふとした表情に癒やされたり、深く観察することで環境や福祉について学ぶこともできる北海道の動物園。
 
動物を身近に感じる機会が多い北海道だからこそ、広い園内をゆっくりと巡って、いろんなことを考えてみませんか(^^)/
 本誌では、道内各動物園(水族館)を、動物たちの写真たっぷりでご紹介しています  
 この特集を読めば、動物をかわいがるだけでなく、新しい視点で動物園を楽しむことができるはず
    北海道だからこその動物園の役割があります。
               動物園の存在意義とは何か。
 そして、北海道に移住してきた皆さんの暮らしをご紹介する「北海道移住ライフ」は特別編
   今回は、「北海道とつながるカフェ」のインフルエンサーとして活躍されていた、札幌市在住の松原さんをご紹介
   ……

ステイホームに「ひとりじめ」動物園体験を 新型コロナ休業で新たな試み

2020/07/28 15:08
職員が動物に近寄り、動き回る動物を生中継。次々と寄せられる視聴者からの質問や要望に答え、双方向のやりとりをしながら、その生態を紹介していくこのライブが大好評で、毎回多くの視聴者が楽しみに待っていたという。
「勉強になった」というコメントや、「家から出られないので嬉しい、気晴らしになった」という感想も多かったという。
現在は、園を再開しているが、休園中だからこそできた、ライブ配信の経験をもとに、新たな事業として企画したのが「ひとりじめ」だった。
「休園期間は損失だけではなく、新たな可能性が開いた時間でもありました」と冨澤さん。夏休みの計画も立てづらい今、ぜひ利用して欲しいと話している。
事前予約制で、見たい動物などのリクエストにも、可能な範囲で答えてくれるという。価格は5000円。5箇所からアクセスできるので「離れたところに住んでいて会えない人とも一緒に動物園を楽しんで」と話している。詳しい要項は園の公式サイトから。

レッドロブスターに青いロブスター、調理免れ動物園に寄贈 米オハイオ州

2020/07/28 11:20
(CNN)米オハイオ州にある飲食店レッドロブスターのチェーン店が仕入れたロブスターの中に、希少な青いロブスターが混じっているのを従業員が発見した。このロブスターは食卓行きを免れて、地元の動物園で保護されることになった。
同州アクロン動物園のフェイスブックの26日の投稿によると、青いロブスターは、同州カヤホガフォールズのレッドロブスターに勤務する従業員が発見した。従業員は、これがどれほど希少かを認識していたという。

「カバが水上にいるのは1日どのくらい?」来園者の疑問や関心に答えて300超 京都市動物園(京都新聞)

2020/07/28 07:04
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

うみの杜水族館 ヨシキリザメ飼育2年 国内の飼育最長記録を更新中

2020/07/28 06:02
 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)のヨシキリザメが27日、飼育開始から2年を迎えた。同水族館が持つ飼育日数の国内最長記録252日を既に上回り、日々更新を続ける。環境変化など刺激に敏感で育てるのは難しいとされ、全国でも飼育例自体が少ない。
 記念日を迎えたのは雄のヨシキリザメ。2018年7月27日、宮城県の志津川湾で漁師が定置網で捕獲し、水族館に寄贈して飼育が始まった。当時の体長は51センチだったが、2年たって103センチと倍に成長。体重も当時の10倍以上の3.6キロ(計算値)まで増えた。
 ヨシキリザメは細長い体と大きな胸びれ、背中の鮮やかな青色が特徴。捕獲しても死んでしまう場合が多く、生きている姿を見ることは漁師も難しいという。
 水族館は水槽内の水流や照明を自然な状態に近づけるなど刺激に配慮する。1日最低3回の健康観察を実施し、泳ぎ方の変化などに細心の注意を払う。
 飼育担当の大谷明範さん(39)は「ヨシキリザメは三陸の海に欠かせない生き物。今後はマンボウやサバなどと一緒に展示し、魅力をより忠実に再現していきたい」と語った。

クラゲって厄介者?神秘的な魅力満載です 成長で姿や色が変化…飽きない観察 京都水族館(京都新聞)

2020/07/28 02:27
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……