特集 “ありがとうタンタン” 神戸 王子動物園 の…|アフリカ人男性をサル舎で見せ物に NYの動物園 11…|わくわく!夜の動物園 昼より活発なカバやジャガーを間…|他

【特集】“ありがとうタンタン” 神戸<王子動物園>のアイドル、ジャイアントパンダ旦旦(タンタン)が中国へ里帰り…来日…

2020/07/31 19:57
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

アフリカ人男性をサル舎で見せ物に NYの動物園、114年後に謝罪

2020/07/31 13:55
(CNN)米ニューヨーク市のブロンクス動物園を運営する団体が、1906年の1週間にわたり、中部アフリカ出身の男性を同動物園のサル舎のおりの中に閉じ込めて見せ物にしていたとして、公式に謝罪した。
中部アフリカ出身のオタ・ベンガさんは1906年、ブロンクス動物園で1匹のオランウータンと一緒に鉄製のおりに閉じ込められ、何百人もの見物客の目にさらされた。
同動物園の運営団体WCSは29日、114年前のこの出来事について公式に謝罪する声明を発表し、「あからさまで体系的な人種差別は今も続いている。我々はそれに立ち向かうため、より大きな役割を果たさなければならない」と強調した。
発表によると、ベンガさんは現在のコンゴ民主共和国の出身で、1906年9月8日の週に、ブロンクス動物園のサル舎で見せ物にされていた。地元の黒人有力者からの抗議を受けて解放されたという。
ベンガさんの生涯についての著書があるパメラ・ニューカークさんによると、ベンガさんは同動物園で非人道的な境遇に置かれ、オランウータンと一緒におりの中に閉じ込められた状態で、一度に何百人もの目にさらされたこともあったという。
しかし1週間後には抵抗を始め、見物人を脅かすようになったことから解放された。
WCSによると、解放後はニューヨーク市のブルックリンで牧師が運営する施設に引き取られた。……

わくわく!夜の動物園 昼より活発なカバやジャガーを間近に

2020/07/31 13:30
カバの餌やりを観察する参加者ら=11日、沖縄こどもの国
【沖縄】ライトアップされていない夜の動物園を散策しながら、夜行性の動物たちを観察する「ワクワク!ドキドキ!ZOOナイト」が11日、沖縄こどもの国で開かれた。「ZOOナイト」は人数限定。
11日は5家族13人が参加し、飼育員から夜行性の動物たちについて説明を受け、暗闇の園内を懐中電灯の明かりを頼りにジャガーのいるおり、カバ舎、ワニ舎を観察した。
南風原町から参加した宇地原奈々子さん(37)は「カバもジャガーも昼間より活発で、表情も良い」と話し、中城南小学校1年の下野祐禅さん(7)は「暗いからちょっと怖かったけど、ワニを見られてよかった」と感想を話した。(喜納高宏通信員)

「たべっ子水族館 」フィギュアのカプセルトイがついに登場!パッケージに描かれる生き物達が2ヶ月連続発売

2020/07/31 11:46
大人気のビスケット「たべっ子どうぶつ」の姉妹品、「たべっ子水族館」からついにカプセルトイ「たべっ子水族館フィギュアvol.1&Vol.2」が発売決定!
たべっ子水族館のパッケージに描かれる生き物達がボールチェーンがついたフィギュアになって発売中です。
Vol.1のラインナップはたべっ子シリーズ独特なお顔をしているアシカ・イルカ・シロクマ・マンボウ・ヤドカリの5種。7月27日より順次展開中です。
Vol.2は8月発売予定とのことですので、続報をお楽しみに♪
7月発売商品のご紹介④
たべっ子水族館フィギュアvol.1
全国のたべっ子水族館ファンの皆様大変お待たせしました

【S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き】すみだ水族館でクラゲを愛でる 壮観!500匹が漂う国内最大級の水盤型水槽

2020/07/31 11:00
 東京スカイツリーの下にあるすみだ水族館(東京都墨田区押上)。16日の大規模リニューアルオープンの前に、内覧会に出かけた。
 押上まではシルバーパスで都営地下鉄を乗り継いで行ける。三田線の春日で大江戸線に乗り換え蔵前で一般道路を300メートル歩いて浅草線に乗り、蔵前から3駅目。改札を出るともう東京スカイツリータウンの入り口だ。
 東京ソラマチのさまざまなユニークなお店に目移りしながら5階に上がると、水族館のエントランスで検温されて中に。中村雄介館長が「展示物や飼育の舞台裏を隠さず見ていただくことにチャレンジしました」とリニューアルの趣旨を説明、見学に移った。
 まずは、「キッチン」でペンギンやオットセイの「ごはん」作りを“オープンキッチン”で見る。イワシやアジをハサミで食べやすい大きさに切り、ビタミン剤などを混ぜている。この後、飼育員たちが「ごはんですよー」と声をかけながら実際にペンギンたちに食べさせるところまで見られる。
 次に今回の目玉企画「ビッグシャーレ」に。500匹のクラゲが漂い泳ぐ長径7メートルの国内最大級の水盤型水槽で仕切りのアクリル板を低くして上からのぞき込むようにして見られるのが特徴。また、この区画には3つのドラム型水槽を1つにまとめた水槽がある。3種類のクラゲが競い泳ぐさまはあまりの美しさに時間を忘れるほどだ。この区画の……

男鹿水族館、助けたカメを海に放流 昨年、入道崎沖で保護

2020/07/31 10:17
秋田の最新ニュース花火と温泉楽しんで リニューアルの奥羽山荘、1日営業再開9時6分県内最短19日間…きょうから夏休み 秋田市小中学校8時19分台湾・李元総統と教養大・中嶋前学長 交流30年の深い絆7時39分BB秋田、開幕7連勝支える堅守速攻 仲間助ける走りに注目7時24分警察職員名乗り「個人情報漏れている」 県内、不審電話3件7時7分クマか?トウモロコシ40本食い荒らされる 大館、畑に足跡7時3分福部内川は氾濫?増水? 28日の大雨、県と大仙の見解ずれ7時0分県内2空港発着のお盆予約状況 前年比7割減、コロナ影響2020年7月31日6月有効求人倍率1・24倍 コロナ影響、6カ月連続減少2020年7月31日市民の手でトンボがすむ公園に 2日、親子教室開催【動画】2020年7月31日比内地鶏、新商品で消費拡大へ タカヤナギ、伊徳ら共同開発2020年7月31日竿燈は中止になったけど…市役所屋台お目見え2020年7月31日目指せ漫画家、横手市が力作募集 対象は市内小4~中32020年7月31日わらび座に「いなか学校」 子どもは演劇体験 親はテレワーク2020年7月31日「これって詐欺ですかね」 詐欺メールに気付き通報2020年7月31日

【海外こぼれ話】海鮮レストランで“珍種”のロブスター発見!

2020/07/31 06:30
 米オハイオ州の海鮮レストランで、従業員が食材の中に珍しい青いロブスターがいるのを見つけ、調理せずに同州の動物園に引き渡した。米メディアが伝えた。
 動物園によると、青いロブスターは遺伝子異常によるもので、200万匹に1匹の割合で起こる。ロブスターのために特製の水槽が設置されたが、現在は新型コロナウイルスの影響で建物が閉鎖中という。(共同)

鮮魚店の店先で「ふれあい動物園」開催 ヤギとミニチュアホースで心のケアと癒やしを…

2020/07/31 06:30
ヤギとウマが川沿いを散歩…?イオンモール高知のすぐ南を流れる久万川。
この川沿いで、午前7時半ごろになるとある生き物が目撃されるという。
それは…ヤギとウマ!なぜここに…!
久万川沿いを散歩するのは、世界一小さい馬のミニチュアホースと、ウシのような模様が珍しい2匹のヤギ。
育てているのは、大橋通り商店街で100年以上続く老舗「池澤鮮魚」の社長、小笠原修さん。
池澤鮮魚と言えば、2019年10月、店で看板子ヤギ「徹」を飼っていたことで話題となった。
当時はミルクを飲んでいた徹だが、10カ月で体重が4倍の16kgに!
店で飼うにはずいぶん大きくなったため、高知市薊野にある小笠原さんの牧場へ引っ越した。
川沿いを散歩していたのは、同じ牧場で生まれた後輩たち。
人に慣れさせるため、今は牧場ではなく、高知市の住宅街・小笠原さんの自宅で育てている。
生後5カ月の「チャチャ」と3カ月の弟「ダイヤ」。
2匹ともとっても人懐っこい。
同じく、ウシのような模様をしているミニチュアホース「響」。
淡路島の牧場からやってきた11歳の新入りで、チャチャたちとも大の仲良し。
午前7時半、ミニチュアホースの響と子ヤギのチャチャとダイヤは散歩に出掛ける。
元気に走り回るチャチャだが、生まれてくるとき生死の……

神戸の水族館“スマスイ”で開催中のひんやり涼しいイベントと神戸西エリアの観光情報

2020/07/31 06:20
明石海峡大橋ギネスに載った明石海峡大橋 © iStock“スマスイ”が隣接している海岸からも見ることができる明石海峡大橋は、本州と淡路島を結ぶ全長3911mの世界最長の吊り橋です。本州側のふもとに広がる兵庫県立舞子公園内には「舞子海上プロムナード」があります。
プロムナードの海面からの高さ約47mの位置にある回遊式遊歩道からは、橋の鉄骨や淡路島とつながっているライフラインのパイプが見えるほか、床がガラス張りになっている場所からは足元はるか下に広がる海面を見ることができます。展望カフェレストランには、明石の食材を使用した食事メニューやデザートがあり、素晴らしい景色を眺めながら食事を楽しめます。
■兵庫県立舞子公園
・住所: 神戸市垂水区東舞子町2051番地
・最寄り駅: JR山陽本線 舞子駅
・URL: https://hyogo-maikopark.jp/
■舞子海上プロムナード
・営業時間: 通年9:00~18:00、GW/夏休み9:00~19:00 ※最終入館は閉園30分前まで
・料金: 大人(平日)250円(休日)300円、高校生・中学生以下 無料
・URL: https://hyogo-maikopark.jp/facility/f01/#ad-image-0/
明石海峡大橋で楽しめるアクティビ……

七夕生まれ、マレーバク赤ちゃん「名前つけて」 日本平動物園

2020/07/31 05:00
 候補名は、七夕の七と父フタバの葉を合わせた「ナナハ」や、七夕の誕生日花「スグリ」、願い事をするササに由来する「かぐや」、天の川を指す「サクティ」、天の川と疫病退散の御利益があるとされる妖怪アマビエをかけた「アマ」。動物園のマレーバク舎やホームページ(HP)から投票でき、一〜十六日の間で最も票数を集めた案が正式名となる。

キリンの子ども 足に装具着け歩行訓練 広島の動物園

2020/07/31 00:18
歩行訓練を行っているのは、広島市の安佐動物公園でことし4月9日に生まれたアミメキリンの子どもの「はぐみ」です。
はぐみは生まれたときから両方の後ろ足の曲げ伸ばしが不自由な状態で、自力で立つことができませんでした。
動物園では後ろ足にギプスを巻いて固定し、成長とともに状態がよくなるのを待っていましたが十分な改善が見込めず、義肢装具士の山田哲生さんの協力を得て、足に装具を着けて歩く訓練を試みることにしました。
装具ははぐみに麻酔をかけて足の型を取り何度も作り替えた末に完成したということです。
装具をつけたはぐみは、体調のよい日には運動場に出て歩行訓練を行っていて、今ではほかのキリンと一緒に歩く姿も見られるということです。
飼育担当の堂面志帆さんは「歩くのを見るたびに、とてもうれしいです。とにかく元気に、将来的にはしっかり自分の足で立っていけるように育ってほしい」と話しています。

新江ノ島水族館 「ボクのお名前考えて」

2020/07/31 00:00
 新江ノ島水族館が今年4月に誕生した、オスのバンドウイルカ=写真左=の愛称を募集している。8月16日(日)まで。
 母親は同館の「シリアス」、父親は下関市立しものせき水族館の「ダン」。同館では初の人工授精で4月21日に誕生した。
 同館によると順調に育っており、体長は約173cm、体重は約64kgに成長。現在は1頭で泳ぐ時間が増え、飼育スタッフや他のイルカがやっていることにも興味を示しているという。同館では「すくすくと成長中の子イルカに素敵な愛称をつけて」と話している。
 同館内に設置されたQRコードをスマートフォンなどで読み込み、専用フォームから応募。8月30日に命名式を実施する。命名者1人に同館年間パスポートとイルカのぬいぐるみを進呈(同愛称多数の場合は抽選)。
 問い合わせは同館【電話】0466・29・9960へ。

鈴木 正孝さん

2020/07/31 00:00
「面白い、不思議」感じて
 ○…「世界の美しい水辺」をテーマに、最先端技術の光と音、映像を使って、さまざまな環境で暮らす生きものを展示する「カワスイ」。オープン初日は3000人以上が訪れ、連日にぎわいを見せている。自らも声をあげて誘導を行っているため、声が少し枯れていた。それでも、「オープンを迎えられて感無量。注目していただいてありがたい」と表情は明るい。
 ○…館内に足を踏み入れると、最初に出迎えてくれるのが「多摩川ゾーン」。「川崎でやる以上は、まずは多摩川」と力を注いだエリアだ。多摩川の風景の映像が映し出された背景の前には、3つの水槽で上流から下流を再現。アブラハヤ、ウグイ、コイが展示されている。「海外のエリアに人が集まるかと思ったが、多摩川ゾーンでも足を止めてもらっている」と安心した様子。地元からの関心も高いようだ。
 ○…今年2月、「ゼロからつくることに挑戦したい」とカワスイを運営するアクア・ライブ・ネイチャーに入社した。生きものに関する知識はあまりなかったが、現在は興味が広がり勉強に励む日々だ。「『面白い、不思議だな』と感じると能動的に調べたくなる。水族館はそのきっかけを与える場。子どもたちにもそう感じてもらえれば」と思いを込める。
 ○…川崎市とはもともと「縁」があった。アメリカンフットボールの子ども版とも言える「フラッグフッ……