性 にフォーカスした夜間特別イベント ― サンシャ…|すみだ水族館 アオウミガメの赤ちゃんを9月13日(…|ホッキョクオオカミがやってきた…ドイツの動物園から …|他

「性」にフォーカスした夜間特別イベント ― サンシャイン水族館

2020/09/11 20:00
もっと♡性いっぱい展 会場風景
東京・池袋のサンシャイン水族館は、生き物の性に関する特別イベント「もっと♡性いっぱい展」を開催する。
イベントは、昨年実施して話題になった「性いっぱい展」の第2弾。かわいらしいイラストとともに生き物の性について解説するパネルでは、動物たちの意外な性の知識を説明。
入場時に渡される「性いっぱい袋とじ」にあるQRコードからも、動物の性に関する解説を見る事ができる。
同じく入場時に渡される「愛のトキメキ♡プロップス」で、館内各所の「ツンツンの壁」を突きながら、性に関連する感触を楽しんでいく。
また、性を嗅いで体感する「クンクンの壁」も用意。普段はなかなか知ることができない生き物の性に関する魅力を体感できるコンテンツを揃えた。
今夏オープンしたばかりの「海月空感」をはじめ、水族館全体の展示水槽や照明もピンク色に変化。いつものサンシャイン水族館とは違った大人な雰囲気を楽しむことができる。
オリジナルグッズとして、ピンクのエナジードリンク「愛がいっぱい♡性いっぱいドリンク」、イベントのイラストをあしらった「オリジナルコンドーム」なども販売する。
「もっと♡性いっぱい展」はサンシャイン水族館で2020年9月12日(土)~11月5日(木)、18:30~22:00に開催。入場料は一般2,400円など。……

【すみだ水族館】アオウミガメの赤ちゃんを9月13日(日)から一般公開 小笠原村との提携保全活動で、今年も小笠原の海か…

2020/09/11 19:16
【すみだ水族館】アオウミガメの赤ちゃんを9月13日(日)から一般公開 小笠原村との提携保全活動で、今年も小笠原の海からやってくる!  時事通信

ホッキョクオオカミがやってきた…ドイツの動物園から、コロナ影響で5か月遅れ

2020/09/11 16:55
 ホッキョクオオカミは、カナダ北部やアラスカ、グリーンランドなどに群れで生息。全身を覆う白い体毛や、引き締まった体、小さな耳が特徴だ。2頭はともに昨年生まれたオス・メスのきょうだいで、いずれも体長約120センチ、体重約40キロ。新型コロナウイルスの影響で航空便が飛ばず、ようやく7月にドイツのオスナブリュック動物園から来園、当初の予定より公開は5か月ほど遅れた。
 展示する約500平方メートルの「オオカミの丘」には、岩場や池などオオカミに適した環境を整備。飼育員の上大田直樹さん(23)によると、オスは顔周りの毛がふさふさしており、メスは目の上に黒い模様がある。2頭は少しずつ人の目に慣れ、鳥や馬の肉を食べて順調に成長している。王国では、年内にヨーロッパの動物園からメスのホッキョクオオカミをもう一頭輸入することを検討しており、今後は国内初となる繁殖も目指す。
 丘付近には絶滅した日本のオオカミに関する展示もあり、佐藤哲也園長は「純白のかっこいいホッキョクオオカミをぜひ見に来てください。併せて日本のオオカミの歴史も知ってもらえれば」と話した。

絶滅危惧種のゴリラの赤ちゃん、生後6日で死ぬ 米動物園

2020/09/11 16:53
(CNN)米ルイジアナ州ニューオーリンズのオーデュボン動物園は10日、24年ぶりに同動物園で誕生した絶滅危惧種のゴリラの赤ちゃんが、生後6日で死んだと発表した。
赤ちゃんゴリラは、ニシローランドゴリラの13歳のメス「トゥマニ」と、26歳のオス「オクパラ」の間に今月4日に誕生した。トゥマニに子どもが生まれたのは初めてだった。死因は不明だが、動物園で解剖を行って究明する方針。
動物園の発表によると、9日夜、赤ちゃんゴリラが母ゴリラの腕の中でぐったりしていることに職員が気付き、動物園内の病院に運んだが、助けることはできず、10日に息を引き取った。トゥマニの様子についても獣医師チームが観察を続けている。
ニシローランドゴリラは深刻な絶滅の危機に瀕しており、動物園は長年かけて繁殖の環境を整え、トゥマニの出産に向けた準備を進めていた。

株式会社palan制作のWebARを活用したスタンプラリーが新江ノ島水族館に導入されました

2020/09/11 16:00
■えのすいデジタルクラゲスタンプラリー概要
開催期間:2020年9月1日~9月30日
開催場所:新江ノ島水族館
参加費:無料(水族館入場料のみ)
■WebARスタンプラリー導入の経緯と体験の流れ
コロナ禍においてスタンプラリーイベントを実施する際には、「不特定多数の方がスタンプに触れること」や「スタンプ周辺にお客様が密集してしまうこと」等の課題がありました。そこで当社は
1)館内の複数のチェックポイントにQRコード付きのポスターを配置し
2)QRコードを読み取ることでスタンプが取得でき
3)全てのスタンプを集めることで、デジタルギフト(WebARオリジナルフォトフレーム)をプレゼントできるデジタルスタンプラリーを制作。お子様づれのお客様も多く来場される新江ノ島水族館に導入いただきました。
今回のスタンプラリーは9月1日から開始され既に多くのお客様にお楽しみいただいています。
■株式会社palanの提供するWebARによるスタンプラリーの特徴
・デザインやスタンプラリーの体験イメージはご予算・納期に合わせ制作可能
・Webブラウザ上で完結させることができ、アプリのインストール不要
・アプリと比較して早く、安価に制作可能
・特定の場所に人が集中することを抑制しながら、スタンプラリーを……

【川崎日航ホテル】新オープンの“カワスイ 川崎水族館”入館券付き「隣は水族館!ロマンティックなかわさきを満喫」宿泊プ…

2020/09/11 14:00
川崎日航ホテルが位置する川崎エリアでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、まだまだ以前のような活気を取り戻すには至っておりませんが、地域の皆さまと手を取り合って共に、地元川崎を盛り上げるべく魅力の発信に努めたいと考えており、今回の宿泊プランを企画いたしました。
本プランは川崎市に初めて誕生した水族館「カワスイ 川崎水族館」と連携し、川崎の観光をより楽しんでいただく宿泊プランです。カワスイ 川崎水族館は「世界の美しい水辺」をテーマに、川崎市に流れる多摩川から世界の様々な環境に暮らす生きものを、最先端の技術で体験出来るネイチャーエンターテインメント水族館として注目されております。水族館は当ホテルに隣接する商業施設内に位置し、歩いてすぐ行ける近さと、本プランに付いている入館券は当日チケットカウンターに並ぶ必要がなく、ゲートからスムーズに入場が可能です。新しい水族館の魅力を存分に堪能し、ホテルのお部屋でゆったりと寛ぎ、川崎時間をどうぞこの機会にお楽しみください。

【カワスイ 川崎水族館入館券付き「隣は水族館!ロマンティックなかわさきを満喫」宿泊プラン概要】
◆販売期間
 2020年9月15日(火)より予約受付開始
◆宿泊開始日
 2020年9月20日(日)より ※但し2020年12月31日~2021年1月3日は除く……

上野動物園の新施設「パンダのもり」9/8より一般公開スタート

2020/09/11 13:07
2020年9月8日(火)、上野動物園西園オープンした「パンダのもり」は、ジャイアントパンダのふるさとである中国の四川省をモデルに木や岩、水場を再現した展示施設だ。敷地面積約6,800平方メートルを有し、今年3月31日に閉園したみさき公園から受け入れたレッサーパンダのカリン(メス8歳)、ルカ(メス4歳)を新たに展示。また、同じ生息地に暮らす中国のキジ類の展示施設もエリア内に併設している。
「パンダのもり」観覧方法 ジャイアントパンダの屋内展示は、並んだ順の観覧となる。観覧列最後尾に前後の間隔をあけて並ぶ。※観覧列への整列は、16時20分に締め切り。
観覧時間
 9時30分~16時20分(観覧列への整列締め切り時間)
 ※休園日を除く。
展示動物
 ジャイアントパンダ 2頭 リーリー(オス)、シンシン(メス)
 レッサーパンダ   2頭
 ※キジ類の公開時期については別途お知らせ。
 ※動物の健康管理のため、体調や天候などにより公開を中止する場合あり。
【注意事項】
観覧の際は係員の指示・誘導にしたがってください。
歩きながらの観覧をお願いします。
ジャイアントパンダ屋内展示において、写真や動画の撮影はできません。ジャイ……

岡山県の水族館で「ママカリ」の展示が人気 正式和名は「サッパ」

2020/09/11 11:01
サッパは、イワシやニシンなどの美味しい魚が多い「ニシン科」の魚のひとつ。大きくても20cm程度にしかならない小魚ですが、身の味が良いことで知られています。
イワシなどと同様に身に小骨が多いのですが、体が薄いためまるごと酢漬けにしても酢がよく染み込み、背骨まで柔らかくなります。そもそも酢との相性が良い青魚のひとつということもあり、酢じめである「ママカリ」が代表的な料理として知られるようになったのでしょう。
実は身近なママカリさてこのママカリ、岡山周辺のものというイメージがあまりに強いためか、その他の地域、とくに東日本や首都圏ではほぼ無名の存在となっています。そのためときに「瀬戸内海にしかいない魚」だと思われることもあるのですが、実は全国的に分布しています。
東京湾や大阪湾といった都心部の海にも大量に棲息しており、しばしば河川にも入り込むため、本当はとても身近な魚のひとつ。釣りでも簡単に姿を見ることができ、群れさえ寄っていれば子供でも数釣りが可能です。

ゾウのナマリー、14歳祝う 徳山動物園、スイカやバナナ贈る

2020/09/11 09:13
 周南市の徳山動物園で10日、この日14歳になったスリランカゾウの雌「ナマリー」の誕生会があった。プレゼントされた好物のスイカやバナナ、オレンジなど12キロの果物を平らげた。 ゾウ舎で約30人の来 ...

天王寺動物園の園長 初公募

2020/09/11 08:18
天王寺動物園は、施設運営を担う園長を初めて公募することになりました。
大阪市が運営する天王寺動物園は来年4月、独立行政法人に移行することが決まっていて、大阪市から独立することで予算の配分や人材の登用などより柔軟な経営が可能となり、施設の活性化が期待されています。
これにあわせて動物園は、施設運営を担う園長を広く民間からも募ろうと初めて公募することを決めました。
動物園や水族館、それに博物館などで勤務経験のある人などが対象で任期は来年4月から2年間です。
募集は来月13日まで受け付け、早ければことし12月にも公募による初めての園長が決まることになっています。
天王寺動物園は「経営手腕のある魅力的な人材を求め、わくわくしてもらえるような動物園づくりに取り組みたい」としています。

神戸市立王子動物園 テーマソングのダンスを制作

2020/09/11 07:06
動物をモチーフにした簡単ダンスで子どもたちも喜んで踊りそう!神戸市立王子動物園 テーマソングのダンスを制作2020年9月10日(木)〜神戸市立王子動物園は開園70年を記念して、ワタナベフラワーが歌うテーマソング「ずーっといっしょ」のダンスを制作!9月10日より、神戸市公式動画サイト「kobecitychannel」で公開されています。
市民が日頃からアートに親しみ、アーティストが活躍する「アートを活かしたまちづくり」の一環として、新しい生活様式のなかで魅力ある運動コンテンツの発信を目的に制作。公募により振付家兼ダンサー3名を決定し、ワタナベフラワーや神戸大学大学院人間発達環境学研究科 國土将平教授の意見を取り入れながら振付が行われたそうです。
動画では、映像ディレクター1名、振付家兼ダンサー3名にキッズダンサー3名を加えて結成した「OZooダンサーズ(オーズ―ダンサーズ)」がダンスを披露。キャッチーなフレーズとリズムで耳に残る歌、そして覚えやすいダンスで子どもたちも喜んで踊りそうですね!少し難易度を下げた簡単バージョンのダンスも解説付きで紹介されていますよ!ぜひおうちでチャレンジしてみてくださいね。
詳細情報
配信2020年9月10日(木)〜
神戸市公式動画サイト「kobecitycha……

ふれあい動物園 カピバラの施設整備へ 元市民の寄付金を原資に

2020/09/11 00:00
 平塚市は、総合公園ふれあい動物園内にカピバラの施設を整備する。カピバラは今年1月に同園が引き取り飼育しているもの。予算は元市民からの寄付金を原資としており、総合公園管理庶務事業として620万円を9月補正予算に盛り込んだ。
 平塚市は総合公園内「ふれあい動物園」にカピバラが生活する施設整備を行う。「水鳥コーナー(池)」の一部で、温熱機の設置やカピバラが温水に浸かれる施設を整備するという。
 着工は来年度以降の予定で施設の設計費を9月補正予算に計上。元市民2人から「動物園のために使ってほしい」と寄付された2000万円を基に改修を進めるという。
 このカピバラは昨年夏から年末にかけて茅ヶ崎など湘南を放浪し、大磯町で保護されたもの。今年1月に同園が引き取り飼育している。元々は人に飼われていたペットだが、野生化して人に慣れていないため、一般公開はしていない。ペット時代は「チョコ」という名前。ネットでは「かっぴー」の愛称で呼ばれているが、正式な名前は決まっていない。
 落合克宏市長は「カピバラは、コロナ禍の中でも温かい話題を提供してくれる。多くの皆さんに楽しんで見てもらいたい」と話した。

ネットで運営費募る 新江ノ島水族館 10月末まで

2020/09/11 00:00
「ファンとつながる機会に」
 新江ノ島水族館はこのほど、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを始めた。集まった資金は生き物の餌代など運営費に充てる。同館では「一時しのぎの資金集めではなく、応援してくれるファンの輪を広げていくものにしたい」としている。
 同館プロジェクト「”あなた”と”生き物”を繋ぐ『えのすいファンディング』」の実施期間は9月1日から10月31日までの2カ月間。目標金額は1千万円で、返礼品は同館招待券やオンラインのトリーター(飼育員)講座、「一日館長体験」など一口千円から100万円まで15種類を設けた。
 同館は新型コロナウイルスの影響で3月から約3カ月間臨時休館。休館中は動画投稿サイト「ユーチューブ」やSNSで生き物や館内の様子を発信するなど、新しい取り組みにも力を入れてきた。
 ファンからはコロナ禍を念頭に「何か応援する方法はないか」「募金箱を設置してほしい」など、支援を申し出る声も多かったという。担当者は「えのすいを応援したいという温かい声はうれしい驚きだった。お客様と生き物、飼育スタッフとがオンラインでつながる機会になれば」と話している。
 プロジェクトへの参加は特設サイト(https://readyfor.jp/projects/enosui2020)へ。