国内最高齢ラッコ死ぬ のとじま水族館 推定25歳 ラ…|帰ってきてね …水族館でふ化したアカウミガメを小学…|絶滅危惧のモウコノウマ 40年前のDNAでクローン誕…|他

「帰ってきてね」…水族館でふ化したアカウミガメを小学生が海に放流(CBCテレビ)

2020/09/14 17:46
「帰ってきてね」…水族館でふ化したアカウミガメを小学生が海に放流(CBCテレビ)  yahoo.co.jp

絶滅危惧のモウコノウマ、40年前のDNAでクローン誕生 米

2020/09/14 16:58
(CNN)米カリフォルニア州のサンディエゴ動物園は、絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローンを誕生させることに初めて成功したと発表した。
サンディエゴ動物園の4日の発表によると、クローンで誕生したのはオスの子馬で、8月6日にテキサス州の施設で家畜馬の代理母が出産した。
米国立動物園によると、モウコノウマは最後の野生馬として知られる。もともと欧州やアジアに生息していたが、開発や環境の変化によって個体数が激減した。
野生の個体は絶滅が宣言され、過去40年は主に動物園で飼育されて生き残ってきた。モンゴルでは群れも見つかっている。
サンディエゴ動物園などと連携してクローン誕生にかかわった野生生物保護団体の代表は、「これで絶滅に瀕した野生種を遺伝的に救うチャンスが広がる」と指摘する。
クローンに使われたDNAは、1980年にサンディエゴ動物園の「冷凍動物園」で凍結保存された。種馬は1975年に英国で生まれて78年に米国に移送され、98年まで生きていた。
「この新しいクローンが成熟して繁殖に成功すれば、モウコノウマに貴重な遺伝的多様性を注入できる」と同動物園は期待する。
誕生した子馬は冷凍動物園の実現に尽力したカート・ベニーシュケ氏にちなんで「カート」と命名された。繁殖できる年齢になった時点でサンディエゴ動物園サファリパークに移……

【横浜・八景島シーパラダイス】生きもの本来の魅力満載、水族館ならではの秋イベント!「シーパラの秋イベント」【2020…

2020/09/14 16:46
【横浜・八景島シーパラダイス】生きもの本来の魅力満載、水族館ならではの秋イベント!「シーパラの秋イベント」【2020年9月18日(金)~11月15日(日)】  時事通信

夜間限定!ムーディーな雰囲気の水族館へ夜のサンシャイン水族館「もっと 性いっぱい展」が11月5日(木)までの期間限定…

2020/09/14 16:30
*通常営業と夜間特別営業で全く印象が変わるサンシャイン水族館*「もっと 性いっぱい展」では、様々な角度から学ぶ「性いっぱい展」をコンセプトに、かわいいイラストとともに生き物の“性”について解説するパネルをはじめ、トラフザメの生殖器やバイカルアザラシのおっぱいの硬さを“ツンツン”触れて体感する「ツンツンの壁」や、コツメカワウソやオタリアなど生き物が自分の存在を相手にアピールする匂いを実際に“クンクン”嗅いで体感できる「クンクンの壁」、シロナガスクジラの巨大なペニスの模型展示(実寸大)など、普段はなかなか知ることができない生き物の性に関する魅力を体感できる多様なコンテンツをご用意しました。
また、水族館の展示水槽や照明をピンクにすることで、日頃皆さんが訪れるサンシャイン水族館とは違った大人な雰囲気を楽しめます。
ピンクに染まった「海月空感」の「クラゲパノラマ」
「クラゲスクリーン」
内覧会レポート 2020年9月11日(金)に実施した報道関係者向け内覧会では、サンシャイン水族館 丸山館長による挨拶から始まり、企画担当 片野さんによる今回の見どころの説明、飼育員スタッフによる「性いっぱいトーク」を行いました。サンシャイン水族館 丸山館長
館長は、「性いっぱい展は、長年扱いたいと思っていたテーマであり、展示方法や内容を工夫することにより……

60歳超のヘビが産卵、オスといたのは15年以上前 米動物園

2020/09/14 16:05
(CNN)米ミズーリ州のセントルイス動物園で最古参のボールニシキヘビが、7個の卵を産んでいるのが見つかった。このヘビの周りに15年以上もオスのヘビはいなかった。
産卵したのは同動物園で1961年から飼育されているメスのボールニシキヘビで、年齢は62歳以上。名前はなく、「361003」という識別番号で呼ばれている。7個の卵を産んだのは7月23日だった。
同動物園のマーク・ワナー氏はCNNの取材に対し、「驚きだった。正直言って、また産卵するとは思っていなかった」と振り返る。飼育係は産卵前から、このヘビの様子が少し変化したことに気付いていたが、その変化もかすかなものにすぎなかったという。
ボールニシキヘビはアフリカ中部と西部に生息するヘビの仲間で、オスがいなくても産卵する単為生殖ができる。単為生殖は、コモドオオトカゲや別のヘビ、爬虫(はちゅう)類などでも確認されている。
メスには精子を蓄えておいて受精を遅らせる能力もあるが、ワナー氏によると、これまでに確認された期間は最長で7年だった。
今回産卵したヘビは2009年にも産卵していたが、孵化(ふか)はしなかった。この時も周りにオスはいなかった。
1980年代後半と1990年代後半には、ケージを清掃する際にオスと一緒にバケツに入れたこともあったが、「物理的にオスと一緒にいたのは30年近く……

【マスク要らずの動物園 第2弾!】夢をつなぐイルカの迫力ジャンプを、自宅で間近に?40頭以上のイルカ達が暮らす「アド…

2020/09/14 15:14
その「秋のオンラインこどもフェス2020」の前夜祭として、9月20日(日)16:30より、「夢いっぱい!イルカの魅力~トレーナーとの絆、生態、子育て」と題した、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)からの生中継授業 第二弾を配信します(受講料500円/1アカウント。先着1,000名)。アドベンチャーワールドには、バンドウイルカ、オキゴンドウ、ハナゴンドウ、カマイルカの4種類のイルカ達が40頭以上暮らしています。今回の授業は、普段なかなか入ることのできないライブ会場のプールのすぐ淵から、そのイルカたちと共に中継する予定です。
当日は、ド迫力のイルカのジャンプを間近で見られたり、普段は近くで会えないイルカをじっくり観察できたりするなど、オンライン授業ならではの至近距離で楽しんでもらえる企画を考えています。また、イルカのトレーナーによる、日頃のイルカたちの様子やトレーニングの説明、またタイミング次第でイルカの食事風景の公開も予定しています。その他、飼育下での繁殖・生育がとても難しいイルカの生態を、生後数日の赤ちゃんイルカの貴重な映像を交えて説明し、同時に命の大切さをお伝えします。
今回の秋フェスのテーマは「夢でつながる」。イルカのトレーナーには、小さいころの夢、これからイルカと一緒にかなえたい夢なども質問する予定です。華麗なジャンプで人々に夢を与えてくれ……

【ご長寿記録更新中!】オンラインで水族館を楽しもう!令和2(2020)年9月18日(金)「お家でも楽しめるノコギリエ…

2020/09/14 10:09
今回のイベントは、コロナウィルス感染症の影響により外出を控えている方や、気軽に水族館を楽しみたいお客様に向けて、オンラインで楽しめる魅力あふれる水族館を目標に、You Tubeでの動画配信を行います。
 長生きの秘訣やノコギリの使い道などの紹介や、普段はなかなか見ることができないプチバックヤードツアーでエサをあげるところなどをライブ配信します。
 また当日の館内では、飼育33周年を記念したオリジナル缶バッジの販売を予定しています。
イベント概要1. YouTubeオンライン配信イベント
「伊勢シーパライブ 特別授業 ノコギリエイ33周年編」
Youtube liveにて恒例の伊勢シーパライブ特別授業をオンラインで生配信します。今年の9月18日で来館33周年を迎えるノコギリエイ。長生きの秘訣やノコギリの使い道などをご紹介します。普段は見ることができないプチバックヤードツアーでエサをあげるところも配信しようと思います。お家でノコギリエイをお祝いしよう!!
開催日時:令和2(2020)年9月18日(金)18時スタート
開催場所:伊勢シーパラダイス公式YouTubeチャンネルにて配信
(https://www.youtube.com/user/TheFutamiseaparadise)
イベント告知動画
2.……

とくしま動物園でマサイキリン「イッペイ」しのぶ サバンナエリアに献花台

2020/09/14 07:48
 同園では、毎日動物の様子を観察し、動物がサバンナエリアの入り口に近づき出たがる素振りがあれば開放し、帰ってくるとバックヤードで休憩させていた。最近のイッペイは、サバンナエリアに出る時間が少なくなっていた。来園客からは「最近キリンがなかなか見られなくてレアだ」という声が聞かれていたという。
 同園の濵義之園長は「イッペイの仲間を増やしたいと考え、キリン舎を増築することも計画していた。秋に涼しくなったら、また出てくるかなと思っていたが、こんなことになるとは思ってもみなかった」と肩を落とす。
 献花台には、来園客からの花が手向けられている。同園では、現在はコロナ禍のため来園できない客が多いことを想定し、当分の間、献花台を設置したままにしておく意向だ。お別れの会なども同園関係者のみで行い、一般には公開しない予定。
 時期を見て、イッペイが来園した時から、これまでの思い出写真や来園客が描いたイラストなどを展示するメモリアル展の実施を企画している。
 マサインキリンは、イッペイを含めて日本で8頭しか飼育されていない貴重な動物だった。イッペイが死んだことで、現在マサイキリンを飼育している動物園は九州の数園だけとなった。