むろと廃校水族館の コスタ理科室 で コスタリカ を…|世直し侍復活!むしろいま 新屋島水族館 がいろいろお…|アカウミガメ人工繁殖で3世誕生|他

世直し侍復活!むしろいま「新屋島水族館」がいろいろおもしろい。

2020/09/23 18:53
飼育員さんがエンターテイメント!再開した「世直し侍」がおもしろい!
それでは前回に続きまして、4連休で混雑する新屋島水族館からお伝えします。
実は初めて知ったのですが、コロナ禍での休業期間中ちょこちょこ手直しされたようで、「知らないうちに中身が超絶進化!! 2020年8月15日リニューアルオープン」だったそうです。
新屋島水族館がリニューアルしたので、さしずめ新新屋島水族館といったところでしょうか。リニューアルのたびに新が増えて、そのうち新新新新新新屋島水族館とかになったらウケるwと思いました。
そして、ポスターの横でこちらですポーズを決めてくれた少年は、実は新屋島水族館公認の「新屋島水族館が好きすぎて2歳から通っているうちに『博士』と呼ばれるようになったスタッフ同然のたっくん」です。
スタッフのユニフォーム姿に、きっと「あんたの夢叶えたろかスペシャル」のような美談が隠れているように気がしますが、大人顔負けのしっかりとした言葉づかいでいろいろ解説してくれる姿はまさに『博士』そのもの。
取材陣の方も思わず敬語になってしまいました。
おすすめのマナティの生態を事細かく説明してくれましたが、さらに詳しく聞こうとすると「では、昨日(9月19日)から再開したイルカライブがそろそろ始まる頃ですので、そちらに向かいましょうか」とか、め……

アカウミガメ人工繁殖で3世誕生

2020/09/23 17:00
アカウミガメの繁殖に取り組んでいる和歌山県串本町の水族館で、人が飼育する環境では世界で初めて、3世代目の繁殖に成功しました。
串本町の串本海中公園センター水族館は、絶滅のおそれのあるアカウミガメの保護に力を入れていて、平成7年に野生から保護した親ガメが産んだ卵がふ化し、世界で初めて人が飼育する環境での繁殖に成功しました。
このときにうまれたカメが、その後成長して卵を産み、平成22年に飼育環境下で2世代目も誕生しました。
それから10年がたって2世代目も卵を産み、今月中旬、およそ50匹の子ガメが砂の中から出てきたということです。
水族館によりますと、人が飼育する環境で3世代目の繁殖に成功したのは、世界で初めてだということです。
今回うまれたカメは、最初に保護された野生のカメのひ孫にあたり、甲羅の長さはおよそ4.5センチ、体重が20グラムほどで、水族館で1年間、飼育したあと、4世代目の繁殖のために残す数匹を除いて、海に放流する予定です。
串本海中公園センター水族館の吉田徹 副館長は、「今後も繁殖を続け、ウミガメの研究や保護につなげていきたい」と話していました。
誕生した3世代目のカメは、25日から一般に公開される予定です。

ヤマザキマリ「息子と訪れる八重岳」(婦人公論.jp)

2020/09/23 16:46
ヤマザキマリ「息子と訪れる八重岳」(婦人公論.jp) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

押切もえ、息子と上野動物園へ ゾウとの3ショットに「撮りたくて必死な顔」も披露

2020/09/23 12:24
 モデルの押切もえが23日、インスタグラムを更新。息子と上野動物園に行ったことを報告し、動物とのほっこりする写真を公開した。
 押切は「連休最終日は、親子で楽しみにしていた上野動物園へ」と報告した。紺色のハットをかぶりマスク姿の押切と、キャップをかぶって後ろを向く息子との写真や、ゾウを見つめる後ろ姿の息子のカットを掲載。トラを写したショットも披露した。
 そのうえで、「1枚目は、象と3shotを撮りたくて必死な顔ですが…。息子はゾウやパンダのほか、ホッキョクグマやアザララシに夢中でした。後半は寝ちゃって、私のソロ動物園でしたけどね(笑)」とエピソードを明かした。
 自身にとっては久しぶりだったとのことで、「私も子供の時以来だったので、とても楽しめました。豊かな自然の中、たくさん歩いて癒された…! 帰ってからは動物のお絵描きをしたよ。連休明けの今日も、お仕事がんばりまーす」とつづった。
 仲むつまじい母と子の姿。フォロワーからは「とても素敵です」「写真素敵にとれてます」「ちょっと大きい息子ちゃんの帽子めんこいです」「我が子と動物園っていいですよね?」「お絵かき見たい」などの声が上がっている。

「命無駄にしない」駆除されたイノシシやシカ 動物園でえさに

2020/09/23 11:30
 農作物を荒らすなどとして駆除されたシカやイノシシを丸ごと動物に与える「屠体給餌(とたいきゅうじ)」の取り組みが国内の動物園や水族館で広がっている。トラなどの肉食動物の野生の行動を引き出すことによるストレス緩和や、里山などで捕獲された動物の廃棄を減らす“一挙両得”を狙った策。より多くの動物園で実施できるよう、マニュアルの作成も進んでいる。(地主明世)
めざめる本能
 7月27日、京都市動物園のメスのジャガー、ミワが毛皮の付いたままのシカの肉にかぶりついた。水辺に落として沈めるような動作を繰り返したほか、毛皮を剥いだり、骨をかじったりする行動も見られ、5~6キロの肉を1日をかけて食べ切った。
 「ジャガーは本来水辺で獲物をしとめることも多い。本能的な動きかもしれない」と喜んだのは大型ネコ科動物を担当している飼育員の岡部光太さん(33)。同園では平成30年7月にアムールトラに初めて屠体給餌を実施。屠体は感染症などを防止するため、ジビエ加工業者によって頭部や内臓が取り除かれ、低温加熱処理を施された上で動物園に運ばれた。
 「動物にとって顎(あご)を鍛えるなどの運動となり、新しい刺激を受けられる」と岡部さん。普段は小さくカットされた鶏肉などを与えているため、すぐに食べ終わってしまうが、「野生ではえさを探したり捕まえたり、解体したりして1日を過ごす……

「動物を見せるだけ」でいいのか 悩んだ園長が選んだ道

2020/09/23 10:00
2つのアメリカ 見えない境界のある街から「二つの米国」のある街で 月500ドルの部屋を借りた大統領選の激戦州の街ヨークに記者が住みながら目撃した「二つのアメリカ」を報告する。
実像 菅義偉首相派閥を否定し、利用した 菅氏を頂に押し上げた数の論理「子どもの遊びみたいなもんだ」。菅義偉は自身の勝利を確信したかのように周囲に語った。
T JAPANジム・キャリーが小説に込めた思い自分の人生やキャリアをもとに、キャリーが書いた小説が話題だ。その胸の内を自ら語った
&Mキリン一番搾りが好調を記録 家飲みが増えた今だからこそ 消費者が求める「おいしいビールの秘密」とは
アエラスタイルマガジンCLUBMANが彩る大人の男の休日俳優・演出家の岸谷五朗が、MINI CLUBMANをモチーフに二つのショートストーリーを綴る。
ゆうちょ不正送金、被害者は「東電スペシャル」丸のみに「世界の100人」に女性2人元慰安婦の支援が「聖域化」マネロン疑い、日本の企業も日本が採った悪魔の戦略

父子そろって「あ~ん」 イルカ餌やり体験で貴重な“共演”

2020/09/23 09:19
 「サン」は今年3月ごろに離乳し、6月で3歳を迎えた。同種国内最大の大きさの「ティダ」(体長約5メートル、体重約900キロ)と一緒に7月から餌やり体験に参加し、元気な姿を見せている。
 19日に餌やり体験をした安里充希ちゃん(3)=豊見城市=は「イルカがたくさん餌を食べていてかわいかった。楽しかった」とうれしそうだった。
 沖縄美ら島財団水族館事業部海獣課イルカ係の池島隼哉技師は「父子そろって餌をあげることができるのはめったにないチャンス。ぜひ家族連れなどで楽しんでほしい」と呼び掛けた。

「ミライ」と「ミナミ」サイの名前決定 福岡市動物園

2020/09/23 06:02
 「世界サイの日」の22日、福岡市動物園(同市中央区)でミナミシロサイ2頭の名前が発表された。インターネットなどで募集した1919件の中から、雄は「ミライ」(22件)、雌は「ミナミ」(117件)に決定。名付け親を代表して2人が命名板を除幕し、サイの体をブラッシングした。
 世界サイの日は、絶滅にひんしているサイの現状を知ってもらおうと世界自然保護基金(WWF)南アフリカが提唱。同園のサイは、2016年に雄の「ロック」(推定45歳)が死んで以降、不在だったが、19年12月に南アフリカから2頭が来園していた。
 2頭は現在3歳で、干し草などを食べて成長しているという。ミナミの名付け親、林田美央さん(5)は「目がかわいかった」、ミライの名付け親、石橋有紗さん(28)は「サイの未来が明るくなってほしい」と話した。 (仲山美葵)

エゾタヌキ5匹仲良し おびひろ動物園 5月保護、成長順調

2020/09/23 05:00
 おびひろ動物園が5月に保護したエゾタヌキの子どもたち5匹が一般公開され、来園者に元気な姿を見せている。5匹は体重も増え、身を寄せ合って眠るなど仲むつまじい様子だ。 保護当時は約2 ...