カワスイ入場券付き宿泊プランを販売 川崎日航ホテル|水族館で20年飼育のエイ 実は新種 誰も気づかず|とくしま動物園 入園者550万人を突破 オープンから…|他

カワスイ入場券付き宿泊プランを販売 川崎日航ホテル

2020/09/27 14:20
 川崎日航ホテル(川崎市川崎区)は、市内初の水族館「カワスイ 川崎水族館」の入場券が付いた宿泊プランを販売している。政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象にもなっている。
 水族館は7月、JR川崎駅東口の商業ビル「川崎ルフロン」(同区)にオープン。地元の多摩川からアマゾンの熱帯雨林まで、河川や海の多様な生き物を展示している。
 水族館から徒歩1分ほどの距離に同ホテルがあることから、宿泊プランを企画した。チェックイン時に入場券が渡される。
 プランは、コンフォートツインルーム(21平方メートル)など1室2人利用で、朝食と入場券が付いて1人1万2300円から。問い合わせは、同ホテル電話044(244)5941。

水族館で20年飼育のエイ、実は新種 「誰も気づかず」

2020/09/27 08:00
 かごしま水族館(鹿児島市本港新町)が開館当初から20年以上も「トンガリサカタザメ」として展示してきたエイが、実は新種のエイだったことが分かった。頭の「トンガリ具合」がやや緩やかなことなどトンガリサカタザメとの間に微妙な違いはあるものの、飼育員は「だれも気づきませんでした」。新種は頭部がお化けのようにも見えることから「モノノケトンガリサカタザメ」と命名された。
 トンガリサカタザメはエイの仲間で、体長2・5メートルほどに成長する。体形はサメにそっくり。生息域は日本近海からインド洋の一帯で、鹿児島県内では刺し網などで捕獲されることが少なくないという。
 同館では1997年の開館以来、一貫して館内の人気スポット「黒潮大水槽」でこの新種を「トンガリサカタザメ」として展示してきた。ただこの魚は水槽の底にへばりついてあまり動かないため、それほど入館者の注意をひくことはなかったという。
 ところが、現在飼育中の2匹を見た黒潮生物研究所(高知県大月町)の研究員が数年前、本家のトンガリサカタザメとは頭の形などが微妙に違うことを見つけた。
 同研究所と鹿児島大学総合研究博物館、かごしま水族館が、トンガリサカタザメの標本と比べるなどして共同研究を進めた結果、新種と分かり、今月発行の日本魚類学会の国際学術誌に発表した。
 トンガリサカタザメと比べて、…

とくしま動物園、入園者550万人を突破 オープンから22年 /徳島

2020/09/27 07:44
 徳島市のとくしま動物園北島建設の森の入園者が26日、550万人を達成し、記念のセレモニーがあった。1998年のオープンから22年での到達となった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で逆風を受けていたが、シルバーウイーク(19~22日)期間中は予想を超える人出があったいう。
 550万人目になったのは徳島市新浜町の会社員、豊崎雄也さん(33)の一家。妻(34)と、6歳と3歳の娘2人と…

これは知らなかった!さかなクン×新江ノ島水族館の解説に「すごい!」の声殺到

2020/09/27 04:30
タレントかつ魚類学者でもあるさかなクンが配信するYouTube『さかなクンちゃんねる - FISH BOY - Sakana-kun』。魚についてのびっくり事実や、さかなクン自身の愉快な情報などが知れると人気のYouTubeチャンネルです。
今回の動画では、さかなクンが新江ノ島水族館に潜入!
水族館の様子をレポートしながら、魚の秘密や水族館のマメ知識・疑問について、惜しみなく解説しています。
・水族館では、大きい魚が小さい魚を食べないのはなぜ?
・水族館の水ってどこからきているの?
・新江ノ島水族館生まれの〇〇がとっても多い!
どれも答えが気になりますね。
では早速見てみましょう!

ふれあい体験施設が起工 いしかわ動物園(北國新聞社)

2020/09/27 00:55
ふれあい体験施設が起工 いしかわ動物園(北國新聞社) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

親子でカヌー、息合わせ こまつ乗りもの動物園(北國新聞社)

2020/09/27 00:55
親子でカヌー、息合わせ こまつ乗りもの動物園(北國新聞社)  Yahoo!ニュース