獣医師が動物園当局トップを射殺し自殺 行方不明のシカ…|ウーパールーパーやカクレクマノミ…富士川楽座で どん…|I LOVE みんなの動物園 相葉雅紀のカラーに染…|他

獣医師が動物園当局トップを射殺し自殺、行方不明のシカ調査が原因か タイ

2020/10/07 17:58
© MUNIR UZ ZAMAN / AFP タイ・バンコクの動物園でカバ舎を見学する子ども(2016年9月23日撮影、資料写真)。【AFP=時事】タイ警察は先週、動物園から希少なアルビノ(先天性色素欠乏症)のホエジカが行方不明になった問題を調査していた動物園管理当局のトップが射殺され、撃った獣医師も自殺したと明らかにした。
 このホエジカを飼育していたソンクラー動物園(Songkhla Zoo)は、シカはニシキヘビに食べられたと説明していた。だが、ワラーウット・シンラパアーチャ(Varawut Silpa-archa)天然資源・環境相はこの説明をはねつけ、先週、調査を命じた。
 シカが最後に目撃されたのは8か月前で、当局はシカが盗まれた可能性についても調べを進めていた。
 調査を主導していた天然資源・環境省が所管するタイ動物園機構(Zoological Park Organisation of Thailand)のトップ、スリヤー・セーンポン(Suriya Sangpong)氏(58)は3日、ソンクラー動物園の職員と話し合うためソンクラーを訪問していた。
 ソンクラー警察によると、スリヤー氏は同日午前11時半(日本時間午後1時半)ごろ、同動物園の事務所で園住み込みの獣医師の男に撃たれて死亡した。
 警察によると、男はシカの調査中に……

ウーパールーパーやカクレクマノミ…富士川楽座で「どんぶら水族館」 静岡・富士市(静岡朝日テレビ)

2020/10/07 11:50
ウーパールーパーやカクレクマノミ…富士川楽座で「どんぶら水族館」 静岡・富士市(静岡朝日テレビ)  Yahoo!ニュース

『I LOVE みんなの動物園』相葉雅紀のカラーに染められた“志村どうぶつ園”

2020/10/07 11:00
テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第142回は、3日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『I LOVEみんなのどうぶつ園』をピックアップする。
『天才!志村どうぶつ園』が16年半の歴史に幕を閉じた翌週、早くもスタートする新番組であり、そのコンセプトは「相葉雅紀が学び、培ってきた経験と優しい目線で、動物たち1匹1匹の個性をリアルに、丁寧に描いていく」というもの。
「大黒柱の志村けんさんを失う」というピンチをチャンスに変えることができるのか。「変えるところと変えないところ」などの細部までチェックしていきたい。
『I LOVEみんなのどうぶつ園』(C)NTV
■「スタジオなし、オールロケ」に激変オープニングのナレーションは、「動物はみんな僕らの仲間。日本中、世界中、動物がいる場所がみんなの動物園。その現場へ……I LOVEみんなの動物園」。その声に合わせて相葉が、番組のシンボルとなるであろう動物が描かれたトレーラーに絵を描いている。
さらに「動物がいるところがスタジオ」という相葉のコメントをフォローするように、「そう、毎回世界中の動物たちがいる現場から。決めているのはそれくらい」というナレーションが流れた。つまり、「スタジオセットは準備せず、アクティブにロケをしていこう」とい……

累計1000万部突破の「科学漫画サバイバル」シリーズ最新刊『水族館のサバイバル2』が発売!

2020/10/07 10:05
サバイバルシリーズ第72弾は、前作に引き続き水族館が舞台です。水族館でサメだらけの水槽に落ちてしまったジオと海鮮。なんと水槽には「人食いザメ」として有名なホホジロザメもいます! 2人の運命は!? さらにその後、水族館には最悪の危機が訪れます。ジオたちは水族館の生き物たちを無事に助けることができるのでしょうか。
ハラハラドキドキのストーリーはもちろん、水族館や海の生物について詳しくなれる「サバイバル科学知識」も充実しています。
◆水族館の人気スター、サメ
コラム:トラフザメの驚く能力
◆水族館の生き物の暮らし
コラム:水族館の魚はどうして食い合わないの?
◆世界の水族館
◆不思議な水生生物の世界
◆水族館を支える科学技術
◆海で最強の生き物は?
◆危機の海洋動物を救え
ジオと一緒に冒険して、海の生き物や水族館のことに詳しくなろう!
また『水族館のサバイバル2』発売を記念して、魚が飛び出すARぬり絵のサービスを11月30日(月)まで延長致しました。公式HPから無料ダウンロードできる台紙に自由に色をぬって、スマホをかざすと、自分が色を塗った魚たちが立体になって動き出します。
ぜひ本書と共に、ご家族で「おうち水族館」をお楽しみください。
◆ぬりえは公式サイトから無料ダウンロードできます。……

しながわ水族館にて人気のイルカショー・アシカショー・アザラシショーが再開!

2020/10/07 08:58
イルカショー
秋晴れの空の下、屋外の人気ショーが帰ってきた!
しながわ水族館では、10月1日(木)より「イルカショー」「アシカショー」「アザラシショー」が再開。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月1日(月)の営業再開時より全てのショー及びイベントを休止していたが、今般の規制緩和の状況を踏まえ、10月1日(木)より屋外で行う「イルカショー」「アシカショー」「アザラシショー」を再開した。
引き続き感染拡大防止に努め、通常より時間を短縮しての開催となる。ステージまでの距離が近く、生き物たちを身近に感じることができるショーを体験できる。
期間限定ハロウィンバージョン
なお、「アザラシショー」は10月31日(土)までの期間限定でハロウィンバージョンで開催。音楽に合わせて楽器の演奏に挑戦したりとハロウィン気分を盛り上げてくれる。
また屋内でのショーは引き続き当面の間休止するが、生き物たちの解説イベント「しな水いきものトーク」は開催中。コロナ禍で制限が多い中、来館者に少しでも楽しんでもらうこと、且つ水族館として、生き物の魅力にふれ、興味を持ってもらえるよう9月1日(火)よりスタートした。安全に配慮し短時間ながらも、飼育担当者ならではの思いが詰まったトークと共に、状況によっては給餌なども行い来館者を楽しませてくれる。
10……

おかえりイノシシ「ぼたん」 飯田市立動物園で展示再開:中日新聞Web

2020/10/07 05:00
 飼育員の大崎康平さん(30)によると、日光が入らない寝室で過ごしていたぼたんは筋肉が落ち、体重も減ったが、展示場に出ると真っ先に土を鼻で掘るなど、元気な姿を見せたという。同園は今後、イノシシによる獣害や、かつてイノシシの侵入を防ぐために山林と農地の境界に設置された「シシ垣」などを紹介するパネルを充実させる予定。大崎さんは「人間より寿命が短い動物にとって一年は大きい。人間の都合で生活を強いられることも伝えたい」と話した。