2回目デートに水族館がおすすめな理由|水族館の空気ポンプ市場の需要と成長予測調査2020年…|日本平動物園へのゾウ輸入 タイとの交渉難航|他

2回目デートに水族館がおすすめな理由

2020/10/21 23:00
付き合う前のまだ微妙な距離感のふたり。
1回目のデートを終えて、次のデートの話が出てきたら、皆さんだったらどこへ行きますか? 2回目のデートでどこへ行くか、という問題は実はその後の2人にとって非常に重要なポイントとなってきます。
そこで今回は2回目デートでぜひおすすめしたい、水族館デートについてご紹介していきます。
水族館デートは会話が弾む♪
水族館デートでは「何を話したらいいのかわからない」ということになりにくい、というメリットがあります。
水槽を見ながら「〇〇がいたよ~」「あの魚なんていう名前かな~」なんて話したり。ショーのプログラムを見ながら「次はどれを見る?」と相談したり。
水族館という空間の中は話のタネになるものであふれています。
とくに大きな水槽は何度回ってみてもいろいろな種類の魚が見られるので、いつまででも話し続けられるくらい楽しめますよ。
「そういえば子供の頃の遠足でね・・・・・・」とか「どこの水族館に行ったことある?」という話で共通の話題が見つかるかもしれません。
会話に自信がない、という方でも盛り上がること間違いなしです。
自然と距離が近づく
水族館の館内は全体的にうす暗くて、時には気を付けて歩かないとちょっと危ないな、というところもありますね。
そうでなくても水槽を見た……

水族館の空気ポンプ市場の需要と成長予測調査2020年から2026年

2020/10/21 20:28
グローバル水族館の空気ポンプの市場調査レポート2020-2026は、ビジネス戦略家にとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。
リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。
https://www.marketinsightsreports.com/reports/10202372633/global-and-china-aquarium-air-pump-market-insights-forecast-to-2026/inquiry?mode=68
市場セグメンテーション
キープレーヤー:
Tetra Fish、Hagen、Rena Aquatic Supply、Hydor、Petmate、Marine Metal Products、Hydrofarm、EcoPlus、Aquatop、Aqueon、Danner、Deepwater Aquatics Distribution、BOYU(中国)、Deepwater Aquatic……

日本平動物園へのゾウ輸入 タイとの交渉難航

2020/10/21 20:06
静岡市は日本平動物園に新しいゾウ舎の建設や4頭のゾウの輸入を計画しているが、協議を続けてきたタイとの交渉が難航していることが分かった。
静岡市の日本平動物園には、いずれも50歳を超えるメスのアジアゾウ「ダンボ」と「シャンティ」が飼育されているが、2頭とも高齢のため、市は新たなゾウの輸入に向け、おととしからタイと交渉を続けている。
日本平動物園によるとこの計画を進めるため、今後新たなゾウ舎を建設する計画で、ゾウの輸送費など合わせると、約30億円の費用を見込んでいる。
施設は2025年度に完成させ、ゾウ4頭は早くても6年後の2026年度に輸入する計画だという。
しかし、現在タイでは動物愛護団体がゾウ輸出の反対運動を行っているほか、タイの天然資源環境大臣も「自らが就任中は輸出しない」と表明しているため交渉は難航しているという。
市は今年度中に交渉の再開を目指す考えだ。

トキのつがい石川へ 佐渡から、リスク回避

2020/10/21 16:53
 石川県能美市のいしかわ動物園は21日、トキのつがいが新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターから到着したと発表した。感染症などによる絶滅のリスクを避ける分散飼育の一環。2羽は止まり木で羽繕いをしたり、地面をつついたりして、落ち着いた様子だという。

朝出勤した飼育員が発見…動物園でアミメキリンの赤ちゃん誕生 大きさは推定で既に170cm

2020/10/21 16:40
 名古屋の東山動物園で20日、アミメキリンの赤ちゃんが生まれました。
 お母さんキリンのお乳を勢いよくゴクゴク飲む赤ちゃんキリン。耳をパタパタさせ、元気いっぱいです。
 東山動物園で20日生まれたアミメキリンの赤ちゃん。大きさは推定170センチ。生まれたばかりですが、両足でしっかりと立っています。
 20日の朝、出勤してきた飼育員がキリン舎の寝室で赤ちゃんが生まれているのを見つけたそうです。
 今は部屋の中でお母さんと過ごしていますが、22日以降、体調や天候が良ければ、運動場に出てくる姿も見られるかもしれません。
(最終更新:2020/10/21 17:26)

水族館の魚、コロナで客が来なくて孤独で鬱になる問題が発生

2020/10/21 16:35
水族館といえば、遊園地・動物園に並ぶ、人気のアミューズメントスポットです。普段決して見ることが出来ない魚や、イルカのショーなど、おもわず目をみはる体験をすることが出来るわけですが、今回の話はそんな水族館の魚に関する話題です。今までの概念がまるっきり変わってしまいます。
孤独すぎて鬱になった魚のハタDepressed and lonely fish who ate every friend he’s had celebrates 16th birthdayhttps://t.co/4cgaFu5XAO pic.twitter.com/pSGi8tqWrA
— Daily Star (@dailystar) October 20, 2020
今回話題となっておりますのは、ヘルシンキの水族館。そこに飼育されている魚の「ハタ」ですが名前は「ミッコ」。彼がとんでもないうつ病に苦しめられているということです。
おいおい、魚もうつ病になるのかよ、と思うのかもしれませんが、水族館のスタッフいわく、コロナ禍で水族館を閉鎖。そのため客が来なくなり、あまりに退屈すぎて鬱になったとのこと。
さらに、ミッコは非常に憂慮すべき問題があり、もともと、水槽に住んでいたお友達と遊んでいる際に、調子に乗って食べてしまうという問題です。
最近では、有毒な赤いミノ……

一般財団法人 沖縄美ら島財団との誘客促進連携について:時事ドットコム

2020/10/21 14:46
一般財団法人 沖縄美ら島財団との誘客促進連携について:時事ドットコム  時事通信

【コロナ対策情報付き】渋川マリン水族館の楽しみ方ガイド!全国でも珍しい魚種・海獣類を見に行こう

2020/10/21 12:15
渋川マリン水族館にはアオウミガメ、アカウミガメの2種のウミガメがいる。アオウミガメのほうが顔が細く、アカウミガメのほうが顔が大きいという特徴がある。また、甲羅の模様も少し違うんだとか。普段は水の中を気持ち良さそうに泳いでいるウミガメだが、水の中にいると浮力の影響で自分の体重を感じないが、水がなくなると自分の体重を感じてしまって動くことがしんどくなり、おとなしくなるんだそう(※11月~5月は冬眠に入る)。

【見どころ2】アザラシやオットセイ、水槽内の生き物へのえさやり体験をしてみよう!
キタオットセイのえさやり時間は11時から、16時から(各30分)※時間変更、または生き物の状態や時期により実施しない場合あり ……

佐渡沖でバショウカジキ捕獲 福島の水族館で展示

2020/10/21 08:25
 新潟県佐渡市達者の沖合で、大きな背びれが特徴の「バショウカジキ」が採集された。福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」に輸送され、「潮目の海・黒潮水槽」で展示されている。同館での展示は2009 ...

まるで動物園版“生協の白石さん”「生き物のなぜ?」に答える飼育員の回答がエモすぎる

2020/10/21 07:30
 生き物にまつわる子どもたちの「なぜ?」に、写実的かつユーモア溢れるイラストと真摯な言葉で答えている飼育員さんがTwitterで感動を呼んでいる。投稿しているのは淡路島の農業公園「淡路ファームパーク・イングランドの丘」の施設管理課係長・後藤敦さん。子どもたちのピュアで素朴な興味関心に寄り添う後藤さんの思いを聞いた。
【画像】ザリガニ・ひよこ・金魚が合わさると…ツチノコのなぜ他、飼育員のおもしろ回答
◆文字を覚えたての子どもたちにも、絵だけで何か伝わればいい
──「生き物のなぜ? に飼育員が答えます」企画はいつから始まったのですか?
【後藤敦さん】 子どもたちの自由研究に何かお役立ちできればということで、昨年の夏休みに始めて行いました。今年も7月23日から始めたのですが、まだまだ質問が寄せられているので現在も継続中で、終了時期は未定です。
──質問はどのように受け付けているのでしょうか?
【後藤敦さん】 園内のコアラ館のなかに質問箱と用紙を設置しています。これまで回答は園内に展示していたのですが、遠方からいらっしゃった方には見ていただけないので、今年から少しずつTwitterにアップするようになりました。
──どのくらいのペースで回答しているんですか?
【後藤敦さん】 だいたい毎日10枚ほど質問が寄せられ、今年は50……

ゴマフアザラシ、雄の「ソラ」死ぬ 日本平動物園 /静岡

2020/10/21 06:50
 静岡市立日本平動物園(駿河区)で飼育されていた雄のゴマフアザラシのソラ(15歳)が、12日に死んだ。
 ソラは2005年に北海道の旭山動物園で生まれ、10年12月に日本平動物園にやって来た。仲間の2頭のアザラシをまとめるリーダー的存在で、健康管理のためのトレーニングも率先して行っていたという。お気に…