水中のイルミネーション ギヤマンクラゲ 展示 長崎ペ…|弘前で中学生のアートプロジェクト展 2メートルのペン…|東京スカイツリー すみだ水族館 に行ってきた! クラ…|他

弘前で中学生のアートプロジェクト展 2メートルのペンギン人形も

2020/11/21 20:58
 今年は3年生5クラスから15作品を展示。1クラスで男女混合の3チームに分かれた。製作には組ねぷたの技法などを使う。下絵を描いた後、針金を使い骨格を作り、新聞紙で肉付けする。今年は「目が合う」というテーマに添い、人形の目にこだわったり、人と同じ目線となるように中には2メートルの大きさとなったりする人形もいる。
 告知ポスターに「闘え」と書いたことについて、同中学校の美術科担当・蒔苗靖子さんは「今年は新型コロナウイルスの影響で、修学旅行の中止や部活動、勉強と多くの不便さや不自由さを感じる年になった。意識はしていないかもしれないが、今も闘い、これから闘い続けていく意味を込めた」と話す。
 同展は今年で最後になるという。蒔苗さんは「動物園展は最後だが、アートプロジェクトは続けていく。2年生が現在、来年の作品を制作中」と話す。
 開催時間は9時~15時。入場無料。

東京スカイツリー「すみだ水族館」に行ってきた! クラゲや大水槽やペンギンたち…屋内で楽しめる癒し空間に「こりゃすごい…

2020/11/21 17:00
東京スカイツリー「すみだ水族館」に行ってきた! クラゲや大水槽やペンギンたち…屋内で楽しめる癒し空間に「こりゃすごい」の声  ニフティニュース

まるで「ノアの箱舟」 動物園で透けて見えた人間のエゴ

2020/11/21 10:00
Q:うまくいっていない事例もあるんですか?
A:国内に個体数が少なく、うまく増やせないだろうと思われる動物もいます。また、海外から入ってきにくい動物も、血統の多様性の観点から難しいだろうと言われています。
 動物もいずれは死にます。でも、「死んでいなくなりました」では、動物園は立ち行かない。だから自給自足で展示する動物を維持していこうという側面もあります。
Q:水族館では多くのショーをやっています。「見せ物」の側面が強いのでは?
A:動物園はまだ頑張っていると率直に思います。追い込み漁をしている和歌山県太地町からイルカを入手していることが問題視されたとき、イルカの繁殖ができないからだと主張する水族館がありました。ですが、欧米ではできています。
 動物園の方は、今さらライオンをアフリカから連れてくるようなことはせず、自分たちで繁殖技術を培い、維持しようとしている。動物へのスタンスの差は大きく感じました。
 たとえば、アシカは動物園にも水族館にもいます。動物園はアシカを繁殖させていますが、何頭も飼えないので「余剰」になってしまう。でも、困らないんです。水族館がアシカを出してくれるのを待っているから。
 水族館はアシカにショーをさせ…

ブタオザルの頬袋は餌運ぶ大切なポケット 須坂市動物園 飼育員日誌

2020/11/21 09:45
 ブタオザルには、頬袋(ほおぶくろ)があります。頬の付近にある袋のように膨らみ食べ物を詰め込むことのできるポケットです。サルにとって食料を運ぶための大切な入れ物。他の個体に餌を取られないように急いで頬袋に物をため込み安全なところでゆっくりと食べます。
 当園で飼育している雌のストロベリーは、1頭で生活をしているため、急いで食べる必要がなく、頬袋に入れて頬袋から口へ出している所を見るチャンスがなかなかありません。しかし、落花生やサル用ペレットなどは、すぐ頬袋に入れることが多いです。好きなものやゆっくりと食べたいもののときに、活用しているようです。写真は、ちょうど頬袋に入れた落花生を口に戻し食べている様子です。
 頬袋に詰めたものを食べたいときは、手で頬袋を押します。頬袋に入れたまま他の餌も食べている姿も見ることができます。ぜひ、観察してみてください。(飼育ふれあい係 森山絵梨)

とべ動物園だより:ラマ 3頭の絶妙な関係見てね /愛媛

2020/11/21 07:32
 飼育されている3頭のラマ。うち2頭は赤ちゃんの時からずっと一緒の年子の姉妹、残る1頭は別の動物園から“転がりこんで”きた年下の雄。飼育員の大政宗成さん(53)いわく「どことなくぎこちない共同生活」を送っているとか……。
 ラクダの仲間で南米では家畜として飼われている。姉妹は雌のイクヨ(20)とイトヨ(19)。繁殖のため8年前、しろと…

「おけ湯」にご満悦 狭山の動物園 /埼玉

2020/11/21 07:00
 狭山市の智光山公園こども動物園で、冬の風物詩となっているニホンザルとカピバラの「どうぶつ温泉」が21日、始まる。
 カピバラは南米のアマゾン川流域に生息し、寒さが苦手だ。2頭いるカピバラ舎では、プールに湯を張るほか「おけ湯」も用意した。報道陣に公開された19日は暖かな陽気だったが、プールでは、メゴ(…

海の生き物描いたトートバッグ販売 魚津水族館

2020/11/21 05:00
 綿製で幅約三十センチ、高さ二十センチ、奥行き十センチ。同館と富山湾にふさわしい生き物として、リュウグウノツカイ、ウマヅラハギ、ブリ、ホタルイカ、フンボルトペンギン、ゴマフアザラシ、ホテイウオを選び、斎藤真里飼育員がかわいらしいイラストを描いた。