前回No.1 シャバーニ 率いるゴリラはまさかの5位…|すみだ水族館の冬季限定演出 月とクラゲ :時事ドット…|おたる水族館 今季の通常営業終了 入館者前年比5割強…|他

前回No.1「シャバーニ」率いるゴリラはまさかの5位…名古屋・東山動物園 人気の動物ベスト10決定

2020/11/23 21:49
 名古屋の東山動植物園が、園内で人気の動物ベスト10を発表しました。
 3連休最終日の23日も多くの人で賑わった東山動植物園。その中でひと際注目を集めたのが「人気動物ベスト10」。
 来園者の投票で決まる、園内の人気の動物ベスト10の発表です。2年ごとに行われているこの人気投票も24回目。今年はおよそ2万8700の投票がありました。
 まず6位から10位は…10位サイ、9位ユキヒョウ、8位トラ、7位コツメカワウソ、6位ペンギンという結果になりました。
 7位のコツメカワウソは、その可愛らしさからか初めてのベスト10入りです。
 そしてベスト5。5位は前回1位だった「シャバーニ」率いるゴリラがまさかのランクダウン。4位はライオン、3位はゾウ。そして2位には、10月に赤ちゃんが産まれたキリンが入りました。
 栄えある1位には、東山動物園が誇る人気者「コアラ」が輝きました。
 子供たちに大人気のコアラ。人気投票でコアラが1位になるのは8年ぶりだということです。

すみだ水族館の冬季限定演出「月とクラゲ」:時事ドットコム

2020/11/23 19:50
すみだ水族館の冬季限定演出「月とクラゲ」:時事ドットコム  時事通信

おたる水族館、今季の通常営業終了 入館者前年比5割強の苦戦

2020/11/23 17:40
 おたる水族館(祝津3)は23日、今季の通常営業を終えた。新型コロナウイルス禍で臨時休館を余儀なくされ、営業日数は予定より48日短い207日間となり、入館者数は前年の5割強にとどま ...

「まるで宝石のよう?」新江ノ島水族館でイルミイベント開催

2020/11/23 12:00
写真拡大
新江ノ島水族館では12月1日(火)から2021年3月7日(日)まで、冬季スペシャルイベントJewerium「ジュエリウム」を開催。期間中はVol.1、2、Finalの3つのスケジュールを予定しており、Vol.1の「透きとおるということ____ 」では宝石の透明感をイメージしたクラゲたち。Vol.2の「彩るということ____」では色彩豊かなウミウシたち。そしてFinalの「輝くということ。」では、クリオネをはじめ、多彩な輝きを放つ生き物たちをテーマに館内各所を演出する。また、本イベントは江の島で開催されるイルミネーション「湘南の宝石」の新会場とされており、光の煌めきが江の島から“えのすい” までつながる美しい光景も見ることができる。
【写真】頭上にクラゲの体内のような空間が広がる「クラゲファンタジーホール」
■煌めくオブジェ「泡の小部屋たち」で写真撮影を!
「Jewerium」は、宝石の“Jewel”と水族館の“Aquarium”を組み合わせた新江ノ島水族館独自の合成語で、透明感、色彩、輝きと宝石が持つ3つの要素で構成……

休館中「SNS」に力を入れ魅力を発信…ファン増やした鳥羽水族館 2足歩行ラッコに人だかりも

2020/11/23 11:00
フォロワー数急増…SNSを活用し新たなファン獲得コロナの影響で2か月ほど休業をした三重県の鳥羽水族館に客足が戻ってきた。そこには、水族館の事を少しでも知ってもらいたいとスタッフが始めたSNSによる魅力の発信があった。
この記事の画像(24枚)三重県鳥羽市の鳥羽水族館。10月11日の日曜日、開館と同時に人だかりができる場所があった。
ラッコのメイちゃん。2足歩行することで話題を呼んでいる人気者だ。
水族館は、新型コロナの影響で2か月ほど休業。再開直後はなかなか人が戻ってこなかった。
それでも、秋に入りGoToキャンペーンや修学旅行の需要もあり、例年の8割ほどまでに戻ってきた。
休業期間中から鳥羽水族館が力を入れ始めたのがSNS。
水族館に来ることができない人に、少しでも魅力を知ってもらおうと、3月以来ほぼ毎日、動物たちの動画や写真をアップ。
ミルクをねだるバイカルアザラシの赤ちゃんや、2足歩行をするラッコのメイちゃんなどが話題を呼んだ。
担当者は、この日、7月に生まれたアシカの仲間オタリアの赤ちゃんの写真を撮影し、アップするものを選んでいた。
鳥羽水族館の担当者:
こうやっていつも見て「かわいいなぁ」と思いながら写真を選んでいます
今やフォロワー数12万人の人気アカウントに。
休館中は、客のい……

「光の水族館」幻想的 道の駅池田温泉でイルミ点灯

2020/11/23 09:01
 岐阜県揖斐郡池田町片山、道の駅池田温泉で、イルミネーションの点灯が始まり、来場者が幻想的な光の芸術を楽しんでいる。来年2月14日まで。
 毎年の恒例行事で、発光ダイオード(LED)電球3万球が点灯。今年は新たに水族館をテーマとしたイルミネーションを設置した。来場した子どもたちは、色とりどりに輝く魚を見て歓声を上げていた。高さ約15メートルのメタセコイアの木には、木を囲うように明かりがともされ、中に入ることもできる。
 寺田直樹駅長(57)は「温泉に入った後、家族やカップルで写真撮影をして楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。点灯時間は日没から午後10時まで。
カテゴリ: おでかけ 写真ニュース

11月22日は「いい夫婦の日」 動物園で夫婦・カップル限定のイベント開催 秋田

2020/11/23 08:45
 11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」。秋田市の大森山動物園では、夫婦やカップル限定のイベントが開かれた。
 普段は子ども連れが多い動物園だが、22日は夫婦やカップルで楽しんでもらおうと、さまざまな企画が用意された。
 軽食コーナーでは、先着50組にハート型のクッキーをプレゼント。
 また、午後からは、夫婦やカップル限定で、ヤマアラシやペンギンへのエサやり体験が行われた。飼育員からは、ペンギンのメスとオスは交代で子どもにエサを与え、共同で子育てをすることなど、夫婦の仲の良さが説明された。続いて、パートナーへの気持ちを伝えるメッセージボードを持ちながら、ポニーと写真撮影を行った。
 参加者は「とても貴重な話が聞けて楽しかった。きょうがちょうど7年目の結婚記念日なのでとても素敵な思い出になった」と話した。
 参加者たちは、お互いへの感謝の気持ちを伝えるいい機会になったようだ。

支局長からの手紙:動物園という財産 /徳島

2020/11/23 06:43
 「多くの人に来てもらいたいが、人が集まり過ぎて密にならないよう神経も使う」。悩ましげに話すのは、とくしま動物園・北島建設の森(徳島市)の浜義之園長。新型コロナウイルスで異例の対応を余儀なくされているのは動物園も同じです。4~5月には1カ月以上にわたる休園も経験しましたが、今では例年並みかやや多いくらいに入園者が戻ったといいます。マスクの着用など来園する人の意識も高いそうですが、さすがにイベント開催などはまだまだ積極的にできない状況です。
 幸い動物たちには、ストレス面も含め新型コロナの影響はあまり見られないとのこと。ですが、飼育にあたる職員らは「自分たちは絶対に感染できない」と緊張を強いられ続けています。さらに11月に入って香川県で鳥インフルエンザが拡大の様相を見せ、園でも現在、鳥類はごく一部を除いて公開していません。職員の皆さんのご苦労を思うと頭が下がります。