箱根園水族館にゴマフアザラシ バイカルアザラシとの同…|ウミガメ水槽の修繕に協力を ヨコハマおもしろ水族館…|松坂屋上野店から感謝を込めて ありがとうシャンシャ…|他

箱根園水族館にゴマフアザラシ バイカルアザラシとの同時飼育は日本初

2020/11/24 21:58
 箱根園水族館では、バイカルアザラシと同じプールで飼育される。海水が基本のゴマフアザラシと淡水が基本のバイカルアザラシが同じプールで飼育されることは日本国内でも珍しく事例がない。海水を基本としているゴマフアザラシが淡水の環境で飼育されていること自体が貴重といわれている。
 今後は、毎日開催されている「バイカルアザラシショー」にゴマフアザラシ2頭も参加して2種が融合したショーの上演を目指している。
 プリンスホテル・箱根事業戦略の稲葉健二さんは「鶴岡市立加茂水族館の厚意で実現した。箱根への到着は25日の夕方を目指している。翌26日のバイカルアザラシショーの中でお披露目を予定。来館者の笑顔が目に浮かぶし、『かわいい~』の声が聞こえるだろう」と期待する。
 開館時間は9時~16時30分。「バイカルアザラシショー」の開催時間は11時~と13時~。入館料は、大人=1,500円、子ども=750円(4歳~小学生)。

ウミガメ水槽の修繕に協力を 「ヨコハマおもしろ水族館」がクラファンで呼び掛け

2020/11/24 19:38
 新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の発令や外出自粛の呼び掛けを受け、同館も4月7日から休館。休館中、餌や水、電気を節約するため、生き物を移動して使う水槽を減らしたり、餌をできるだけ少なくして水が汚れないように配慮したりしたという。その後、準備を整えて7月17日、約3カ月ぶりに再開。再開はしたものの入館者は例年の約5割にとどまり、餌や水、設備の維持のための費用が十分ではなくなり、賛同者から資金を集めることにしたという。
 クラウドファンディングによる資金集めを決断した理由の一つが、オンラインを通じた新たなつながり。同館では休館時からオンラインでの映像配信を始めたが、それによって「新しいつながりが生まれ、応援してくれる人もいる」(運営企画部の宇野喬さん)。休館中、窮屈な思いをさせた魚に、なるべく快適な環境とおいしい食事を提供したいと考え、新たな来館客づくりも含め、クラウドファンディングを呼び掛けることに決めた。
 クラウドファンディングで集めたい資金の一つが、アオウミガメの水槽の新調費用。同館では、保護活動の一環として小笠原で生まれたアオウミガメをNPOから預かり、1年間かけて成長させる取り組みを続けているが、この活動に使っている水槽が水圧でゆがんでいる歪んでいることが分かったため、新しい水槽を購入したいという。
 もう一つが、音楽と照明……

松坂屋上野店から感謝を込めて 「ありがとうシャンシャンクリスマス」

2020/11/24 17:07
◆シャンシャン0歳から現在までの姿を!毎日パンダ写真展
「毎日パンダ」の高氏(たかうじ)氏が撮影した写真のなかから選りすぐりの33枚を館内に展示します。
〈写真展の一例〉
◆3年ぶりに パンダアドバルーンが上野の空に!
シャンシャンが誕生したことを記念して披露したパンダの顔の形をした巨大なアドバルーンが、
12月23・24・25日の3日間限定で復活します。(雨天・強風中止)
◆注目の新作!思い出や記念にシャンシャンオリジナルグッズ
〈表・裏面〉シャンシャンの正面と後ろ姿。まわりには桜。
シャンシャン(香香)ありがとうの感謝の気持ちを込めて。
純金製シャンシャンメダル ありがとうシャンシャン
(50g・直径40mm)650,000円/7階 宝飾サロン
◆シャンシャンにメッセージを届けよう!
シャンシャンへありがとうのメッセージを書いて、本館1階北口に設置するツリーに飾り付け。
メッセージカードの枚数×20円の寄付金とともに上野動物園に寄贈します。
(寄付先:ジャイアントパンダ保護サポート基金)
〈メッセージカード表面〉
◆オリジナルギフトカードプレゼント!
クリスマスギフトをお買い上げのお客様に「シャンシャンオリジナルギフトカード」をプレゼント。
(全館・数……

珍魚釣りや水族館見学 串本でモニターツアー(紀伊民報)

2020/11/24 16:35
珍魚釣りや水族館見学 串本でモニターツアー(紀伊民報) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

まちなかに「水族館」

2020/11/24 16:13
 大和郡山市の柳町商店街に22日、各店舗の店頭に金魚が泳ぐ「まちなか金魚水族館」がオープンした。同商店街協同組合が進めてきた「金魚ストリート計画」の一環。同商店街(南北約700メートル)の28店舗に水槽を常設。30品種の金魚を1水槽1品種で飼育し、「金魚のまち」をアピールする。
 同商店街の「第10回柳神くん祭り」に合わせて「まちなか金魚水族館」のオープニングセレモニーが行われ、上田清市長のほか、市商工会の中野雅史会長、市観光協会の猪岡寛行会長、同商店街協同組合の北谷光徳理事長が、会場の水槽に金魚を放流。同時に各店舗の水槽が除幕された。
 水槽は小さなものから球形、ショーウインドー一体型など多彩で、金魚の飼育は各店舗が担当する。
 「金魚ストリート計画」を発案、推進してきた北谷理事長は「計画の発案から約10年。ようやく、泳ぐ金魚をいつでも見られる商店街になった」と喜びを語り、「水槽を見ることで、地元の子どもたちに『金魚のまち』に住む誇りを持ってほしい」と話した。
 この日は、同商店街近くの市役所駐車場(同市北郡山町)で「金魚大好きまつり」も開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大防止で中止となった8月の全国金魚すくい選手権大会に代わるイベントで、来場者は金魚すくいなどを楽しんだ。会場にはコロナ終息を願って全国から届いた「千尾金魚」7万471……

「鮭活」でサケの生態学ぶ 千歳水族館で採卵体験

2020/11/24 15:51
 【千歳】サケのふるさと千歳水族館で23日、サケの採卵体験会が開かれた。サケの生態などを知ってもらうイベント「鮭活(サケカツ)」の一環で、親子連れ4組16人がサケの腹から卵を取りだ ...

京都水族館の冬イベント、クラゲ15種を象ったガラスランプの光の空間&幻想的なクラゲの映像演出も

2020/11/24 15:50
京都水族館は、冬のイベント「ふゆ恋すいぞくかん」を、2020年12月1日(火)から2021年2月28日(日)まで開催する。
クラゲの空間演出や冬仕様のイルカパフォーマンス「ふゆ恋すいぞくかん」開催期間中は、クラゲをモチーフにした幻想的な空間演出や、冬季期間限定のイルカパフォーマンスなどが行われる。
くらげのあかりたち館内「交流プラザ」では、クラゲのランプシェード全45個を装飾した「くらげのあかりたち」を展開。「クラゲワンダー」で展示されているクラゲ約20種の中から、15種類のクラゲを象ったガラスのランプシェードが天井を彩る。ガラス専門店「TAKU GLASS」のガラス工芸職人が実際のクラゲの特徴に忠実に作り上げたランプシェードの数々は、ほのかに暖かい光を放ちつつ、心地良く美しい空間を演出する。
くらげのゆめまた、5,000匹ものクラゲが泳ぐ、西日本最多のクラゲ展示エリア「クラゲワンダー」では、入り口の壁面にてファンタジックな演出「くらげのゆめ」を実施。雪の結晶に形が似ている、ミズクラゲの赤ちゃん「エフィラ」の映像を、壁の約7メートルにわたってプロジェクターで投影する。大きなスケールで写し出される「エフィラ」の映像とともに、その生態を伝える文字も浮かび上がり、クラゲの魅力を学びながら、幻想的な世界観に浸ることができる。
イルカパフォーマンス……

米スミソニアン国立動物園のパンダの赤ちゃんが「小奇跡」と命名

2020/11/24 15:45
米スミソニアン国立動物園は23日、今年8月にパンダの「美香(メイシャン)」が産んだオスの赤ちゃんが、小さな奇跡という意味の「小奇跡(シャオチージー)」と命名されたと発表した。新華社が報じた。

2020年11月、米首都ワシントンD.C.のスミソニアン国立動物園で撮影されたパンダの赤ちゃん「小奇跡」(画像はスミソニアン国立動物園が提供)。
スミソニアン国立動物園の公式サイトによると、5日間で約13万5000人が参加したオンライン投票で、4つの候補から「小奇跡」が選ばれた。
在米国中国大使館の崔天凱大使は、動画メッセージで、「『小奇跡』の誕生は本当の奇跡。新型コロナウイルス感染が拡大する中、その誕生に全ての人が励まされた。米国の人々も、中国の国民も『小奇跡』に関心を寄せており、この『小さな大使』の成長が再び、私たちを一つにしてくれた。そして、ハッピーな気持ちを与えてくれ、再び親睦を深めてくれた」と祝福した。
スミソニアン国立動物園と生物保護研究所の責任者であるスティーブン・モンフォール氏は取材に対して、「米国と中国は約半世紀にわたりパートナーとしてパンダの保護に取り組み、多くの成果を挙げている。当動物園は、この貴重な動物の保護に参加できることを誇りに感じている」と語った。
8月21日、22歳の「美香」はスミソニアン国立……

スマホを使って“謎”を解きながら海洋問題を学ぶ「謎解きプロジェクト」を開催 -「変わりゆく海の世界からの警告~海の異…

2020/11/24 15:15
海なぞ実行委員会は、世界中で問題視されている海洋環境悪化などについて「謎解き」を介して子どもたちに学び、理解してもらおうという謎解きプロジェクト「変わりゆく海の世界からの警告~海の異変を調査せよ~」を、「サンシャイン水族館」(東京・池袋、館長:丸山克志)および「八景島シーパラダイス」(神奈川・横浜、総支配人:高橋直人)にて開催します。本イベントは日本財団「海と日本プロジェクト」の活動の一環として実施します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/236234/LL_img_236234_1.jpg
キービジュアル
現在、プラスチックごみや魚の乱獲などといった海洋問題が世界中で問題視されています。四方を海で囲まれた日本も例外ではなく、一人一人が海洋問題を「自分ごと化」し、身近でできる海の保全活動を行う必要があります。そこで、当委員会では市場規模500億円ともいわれている「謎解き」イベントのテーマに海洋問題を用い、水族館で実際の生き物を目の前にしながら学び、理解し、「自分ごと化」できるイベントを開催することにいたしました。
参加者はインターネットに接続できるスマートフォンなどのデバイスと、当日配布される専用キットを用いて水族館内にあるチェックポイントに設置された情報を手掛かりに、謎を解き進めていきます……

「コーヒー1杯減らし沖縄へ愛を」 コロナ禍の動物園に 台湾のファン900人が寄付

2020/11/24 14:40
 台湾の沖縄ファンら約900人がこのほど、新型コロナウイルスの影響で来場者数や売り上げの減少に悩む、沖縄市の動物園「沖縄こどもの国」に100万円を寄付した。代表者の彭国豪(ポンクオハウ)さんは12日、自身のフェイスブックグループ「沖縄彭大家族」にチャリティーイベント「沖縄こどもの国応援プロジェクト」を立ち上げ、約1週間で100万円超が集まったという。
 チャリティーイベントは「コーヒー一杯を減らせば、沖縄への愛がいっぱいたまる。沖縄を愛するにはあなたの協力が欠かせない」というスローガンで、寄付を呼び掛ける。支援者が応援ステッカーを150元(約500円)で購入し、全額が寄付される。同イベントは30日まで。彭さんは「多くの台湾人客が沖縄こどもの国を訪れたことがある。新型コロナに負けず頑張ってほしい。コロナ収束後、みんなで再訪したい」とエールを送った。
 彭さんは「日本でも募金活動をしているが、日本語でしか発信されず、寄付の手続きは外国人にとって煩雑なので、挫折する人が多かった」と指摘する。プロジェクトを立ち上げることで、台湾の人でも寄付ができる環境を整えた。「今、旅行で沖縄に行けないが、私たちは沖縄のことが大好きだ。少しでも沖縄の力になりたい」と話した。
(呉俐君)

1967年創業の日本有数の総合熱帯魚企業。株式会社日本水族館が、日本マーケティングリサーチ機構の調査で5部門No.1…

2020/11/24 12:16
1967年創業の日本有数の総合熱帯魚企業。株式会社日本水族館が、日本マーケティングリサーチ機構の調査で5部門No.1を獲得しました!  時事通信

エゾハリイカ繁殖成功 青森・浅虫水族館で国内初 5月にふ化、2匹展示

2020/11/24 12:00
 青森市の浅虫水族館が、エゾハリイカの繁殖に国内で初めて成功した。5月ごろにふ化した個体のうち、生存する2匹を展示している。
 エゾハリイカはコウイカの仲間で成長すると体長約12センチになる。展示されているのは体長3、4センチ。青森県外ケ浜町沖で捕獲したエゾハリイカから採取した卵307個から約20匹がふ化し、2匹が生き残った。繁殖事例がないため、適切な水温や酸素量、餌の種類などを模索しながら取り組んだ。
 雄が短い腕でハート形の輪を作り、長い腕で雌の頭をなでる特徴的な求愛行動で知られるが、詳しい生態は分かっていない。同館は今年2月、東京大学との共同研究を始めた。
 飼育担当の桃井駿介さん(28)は「安定的に展示する方法を確立させるための第一歩。ユニークなエゾハリイカの魅力を多くの人に知ってもらいたい」と話す。

米国立動物園のパンダの赤ちゃん、「小奇跡」と命名

2020/11/24 11:26
(CNN)米スミソニアン国立動物園で8月に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんが「シャオチージー(小奇跡)」と命名された。
中国語で「小さな奇跡」を意味するこの名前は、投票で圧倒的な支持を得て選ばれた。
赤ちゃんは3カ月前に22歳の母パンダ、メイシャン(美香)から生まれた。米国内の動物園で凍結精子を使った人工授精が成功した初めての例とされる。
先月初めて目を開き、今では体重が10ポンド(約4.5キロ)を超えた。まだ4本足で歩くことはできないが、ハイハイはお手の物だ。
パンダ一家の様子は国立動物園の24時間カメラを通し、一般に公開されている。動物園と中国側の契約に基づき、シャオチージーは4歳になると繁殖のために中国へ返還される予定だ。