今年で飼育47年目!世界最長記録のイルカ 沖縄美ら海…|釧路市動物園が営業開始 ウシの仲間のキリンで新年祝う…|動物おみくじ 大吉引いた いしかわ動物園でイベント|他

今年で飼育47年目!世界最長記録のイルカ 沖縄美ら海水族館で「オキちゃん」ショー

2021/01/03 17:35
 今年で飼育47年目を迎え、ミナミバンドウイルカの世界最長飼育記録を更新中のオキちゃん、ムクちゃん、クロちゃんの3頭を含め、計8頭のイルカが技を披露して会場を沸かせた。
 糸満市から訪れた新見輝笑(きえ)ちゃん(4)は「泳ぐのが速くて、ジャンプもすごかった。楽しかった」と笑顔。父貴幸さん(34)は「正月から見られるとは思わなかったので満足です」と喜んだ。
 新型コロナウイルス感染防止対策でショーを約10分に短縮し、座席間隔を空けて実施する。同館イルカ担当の森本佑香さん(25)は「コロナの影響で家にいる時間も多いと思うので、海をバックにした開放的な空間でのイルカショーを通し元気を届けたい」と話した。

釧路市動物園が営業開始 ウシの仲間のキリンで新年祝う:北海道新聞 どうしん電子版

2021/01/03 15:16
 釧路市動物園で3日、2021年の営業が始まった。来園者には干支(えと)の「丑(うし)」と同じ仲間のアミメキリンにちなんだ手作りの正月飾りが配られ、新年を祝った。
 同園にはウシがいないため、偶数の蹄(ひづめ)を持つ偶蹄目で、草食などの共通点があるキリンを主役に起用。しめ縄を模した5センチほどの飾りにはキリンがかじったヤナギの木の皮を使い、同園の人気者でアミメキリンの「スカイ」の写真をあしらった。釧路市出身の絵本作家・友弥(ともみ)さん(東京都在住)が描いた動物のポストカードも配布された。

動物おみくじ「大吉引いた」 いしかわ動物園でイベント

2021/01/03 11:10
 園内の動物学習センターの一室に鳥居を立て、県の鳥イヌワシの剝製を飾った「イヌワシ神社」を設置。動物おみくじを引いて、今年の健康運や金運などを占える。おみくじは大吉から末吉の計八種類で、動物の写真が印刷されている。恋愛運では「継続は力なり。“あしか”け3年の恋がついに実る」など、動物の名前にかけたユーモアあふれる内容になっている。また、手作りの合格祈願のお守りが、一日先着二十人でもらえる。おみくじ、お守りはいずれも十七日まで。

干支ちなみ「ウミウシ」展示 長崎ペンギン水族館

2021/01/03 11:00
 長崎ペンギン水族館(長崎市)では、今年の干支(えと)「丑(うし)」にちなんでウミウシが展示されている。
 毎年恒例の干支企画で、橘湾沿岸で採集したアオウミウシなど3種11匹を紹介している。貝殻を持たない巻き貝の仲間で、牛の角のような触角とゆっくりとした動きが名前の由来。鮮やかな体色が特徴で「海の宝石」とも呼ばれる。
 2日、展示スペースに来た家族連れは、体長3~5センチほどの青や白のウミウシの姿に「小さい」「きれい」と見入っていた。
 飼育担当の大塚摩耶子さん(42)は「新型コロナ対策は万全にしているので、安心して特別展示を楽しんでほしい」と話した。

「丑」の書き初めだゾウ 止め、はらいもしっかり 宮崎の動物園

2021/01/03 10:31
 宮崎市の市フェニックス自然動物園で2日、アジアゾウのみどりが今年のえとの丑(うし)にちなんだ書き初めをした。調教師の指示を受け、筆を鼻先で上手につかんで漢字の「丑」と平仮名の「うし」。みどりが、止めやはらいの筆さばきを見せると来園客から歓声が上がった。
 2007年以降、園で続く恒例行事。家族3人で訪れた宮崎県小林市の新竹美優さん(8)は「ゾウが文字を書いてすごかった。絵日記にしたい」と話していた。書き初めは3日午前11時にもある。【塩月由香】

かごしま水族館で親子でたこ作り 鹿児島市

2021/01/03 09:30
 正月気分を味わおうと、鹿児島市のかごしま水族館で2日、毎年恒例のオリジナルのたこを作るイベントが開かれた。親子連れら計約50人が2回に分けて参加し、たこに思い思いの絵を描いて楽しんだ。
 今年は新型コロナウイルス対策のため参加人数を減らし、換気をするなどして開催。前半の部には9組約30人の家族らが参加した。子どもたちはたこの工作キットを受け取ると、30分ほどかけて同館で人気のジンベエザメなどの絵を自由に描き、たこ糸などをくっつけて世界に一つだけのたこを完成させた。
 カラフルなクリオネやクラゲの絵を描いた同市の米丸あさひさん(8)は「楽しい水族館をイメージした」と笑顔。一緒に参加した母親の寿奈子さん(44)は「コロナ禍の中、イベントを開いてくれて感謝しています」と話した。(小瀬康太郎)

動物おみくじ楽しむ いしかわ動物園でイベント

2021/01/03 08:03
全国の新聞社が伝える「おでかけ情報」。季節の話題を集めた「おすすめ特集」のほか、祭り、味わう、アート、歴史・伝統、くつろぐ、愛でる、環境・健康…など12のテーマで地元新聞社ならではの息づかいを伝えます。

生き生きした力作ずらり かごしま水族館でフォトコン展

2021/01/03 06:30
 鹿児島市のかごしま水族館団体入り口に、第8回かごしま水族館フォトコンテストの入賞作品が展示されている。31日まで。
 コンテストは、昨年3月1日~9月30日に実施。大ジャンプ中のイルカを写した躍動感あふれる作品やガラス面に近づきすぎたゴマフアザラシ、他の魚たちと優雅に泳ぐジンベイザメなど、221点の応募の中から選ばれた最優秀賞、特別賞、特選、入選、佳作の計32作品が並ぶ。
 総務課の西口慎太郎主幹によると、入賞者の中にはコンテストのために何度も水族館へ通い、シャッターチャンスを待つ人もいるという。「驚くような瞬間を写した作品など力作ぞろい。来館時はぜひ見てほしい」と呼び掛けている。

バズった?!あにまるず:/1 札幌・円山動物園のホッキョクグマ「リラ」 お餅みたいなお尻でしょ /北海道

2021/01/03 05:52
 白くモフモフとしたかまぼこ状お尻から、肉球のついた足と愛らしい顔がひょっこり現れる。札幌市円山動物園の公式ツイッターが、昨年5月28日に投稿したメスのホッキョクグマ・リラの動画だ。わずか15秒ながら、「お餅みたい」「癒やされる」と反響を呼び、昨年に同園が投稿した動画では最も多い3600以上の「いいね」がついた。
 たまたま通りかかった猿の飼育担当者が、カエデの葉を食べる様子を撮影した。カエデは、動物福祉の観点から飼育下の動物に少しでも野生本来の行動ができる環境を提供する工夫の一環として与えられたもので、リラは葉を食べ終えた後も、枝を引きずり回したり、抱えてプールに入ったりと数日間遊んだという。

水中から「謹賀新年」 晴れ着姿ダイバー登場 のとじま水族館

2021/01/03 05:00
 正月のめでたい雰囲気を演出しようと、真っ赤な振り袖を身にまとった女性職員が「謹賀新年」と書かれた垂れ幕と共に登場。能登近海に生息するブリやタイなど約五百匹が泳ぐ中、手を振ったり、水槽越しに客とハイタッチしたりした。

晴れ着姿のダイバーと記念撮影 のとじま水族館

2021/01/03 02:06
 のとじま臨海公園水族館(七尾市)の元日限定イベントは1日、同水族館で開かれ、来場者は晴れ着姿のダイバーとの記念撮影や、正月三が日限定のイルカショーなどを楽しんだ。 回遊水槽「のと海遊回廊」の中では、 ...

沼津市の水族館 書道歴18年のアシカが書き初め披露(静岡県)(静岡放送(SBS))

2021/01/03 00:41
沼津市の水族館 書道歴18年のアシカが書き初め披露(静岡県)(静岡放送(SBS))  Yahoo!ニュース