水族館の魚の餌市場市場グローバル産業分析 事業開発 …|ホッキョクグマのゴーゴ 愛され15年 赤ちゃん2頭 …|雪の動物園 見に来てね! 2月末まで土日祝日に開園|他

水族館の魚の餌市場市場グローバル産業分析、事業開発、サイズ予測(2016-2028)

2021/01/06 17:23
“業界チェーンの分類、アプリケーション、意味、構造など、水族館の魚の餌の業界の基本的な概要は、最近の調査研究で示されています。レポートで提供される競争力のある風景分析、開発動向、および主要な地域の成長状況を含む、市場全体のグローバル市場シェア分析。グローバル水族館の魚の餌市場の発展状況と位置、製品形態、メーカー、地域、最終産業などの主要およびグローバル地域の複数の視点。この調査では、グローバルおよび主要地域の大手企業を分析し、製品形態およびアプリケーション/業界の終わりによって市場を分割します。
このレポートのサンプルコピー: https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-68153?utm_source=Radhika/SN
水族館の魚の餌
グローバル市場動向分析プロセスには、競争環境、履歴データ、政府の政策、市場環境、最近の市場動向、将来の革新、技術進歩、関連業界のさまざまな技術進歩、市場リスクなど、業界に影響を与えるさまざまな要因の調査が含まれます。市場の障壁、機会、主要な技術的進歩。
Covid-19が世界の水族館の魚の餌市場に及ぼす影響
この調査レポートはまた、今後数年間でターゲット市場の行動に重要な影響を与える成長と開発の傾向に関する包括的な情報を提供します。この……

ホッキョクグマのゴーゴ 愛され15年、赤ちゃん2頭 春お披露目…大阪・天王寺動物園

2021/01/06 15:00
静かに子育て
 6日午前、開園まもない動物園でホッキョクグマの獣舎に来園者が足を運んでいた。ゴーゴがおもちゃで遊び愛嬌(あいきょう)を振りまくと、親子連れらが写真を撮るなど楽しんでいた。
 昨年10月まで公開されていたパートナーのイッちゃん(雌、7歳)は、同11月に2頭を出産。獣舎内で子育て中で、今は見ることができない。
 「神経質になっているので、寝室には誰も立ち入れない」と、飼育員の油家謙二さん(48)。自然界のホッキョクグマは、雪を掘った穴蔵で出産する。出産・子育てには「狭くて暗く静かな」環境が重要で、獣舎には防音シートを張り、さらに中に箱形の産室が設けられている。様子は管理室のモニターを通じてうかがう。
 赤ちゃんは、母グマの陰に入りカメラ越しではほとんど視認できないが、母乳を飲む音「ささ鳴き」や、「ぎゃあ、ぎゃあ」という元気な鳴き声が確認され、順調に育っているという。
 一般公開は3月頃の見通しだ。
ハルカスも
 2006年3月に来園したゴーゴは、企業が費用を負担した第1号の動物だ。
 当時は運営主体の大阪市が財政難。飼育していたホッキョクグマが04年に死んだが、新たな購入資金が用意できず、考案された「窮余の一策」だった。
 スポンサー候補になったのが商品のアイスキャンデーのパッケージに白いクマをあ……

「雪の動物園」、見に来てね! 2月末まで土日祝日に開園

2021/01/06 13:15
 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)は9日、冬季恒例の特別営業「雪の動物園」を始める。土日・祝日のみ、2月末まで。 園によると、通常営業時と同じ約100種類の動物を展示。寒さに強いレッサ ...

水族館でえとにちなんだ魚の展示

2021/01/06 12:41
ことしのえと、「うし」にちなんだ魚の展示が和歌山県串本町の水族館で開かれています。
この展示は、串本海中公園センター水族館がお正月の気分を楽しんでもらおうと、毎年、この時期に開いています。
水族館がことしのえとの「うし」にちなんだ魚として選んだのは、フグの一種のウミスズメです。
なぜ「うし」と関係があるかというと、英語の名前がCow Fish=牛の魚と呼ばれているからだとしています。
ウミスズメは左右の目の前に突起があり、それが牛の角のように見えるため、この英語の名前が付けられたということで、いずれも串本の海で見ることができます。
水槽の中には、七福神をはじめ門松や鳥居などが飾られていて、そのなかをCow Fishが優雅に泳ぎ、正月の雰囲気を醸し出しています。
大阪から訪れたという夫婦は、「かわいくて、縁起がよさそうです。いいことがありそう」と話していました。
飼育員の中村公一さんは、「ぜひかわいらしい姿を見に来てほしい。新型コロナウイルスも『モー』たくさんなので、お客様には感染拡大ボ『ウシ』を呼びかけていきたい」と話していました。
この展示は、今月11日まで開かれています。

受験生、ふんばって! 動物園発 衝撃の合格グッズ

2021/01/06 09:30
 16日から大学入学共通テストが始まり、受験シーズンが到来する。広島市安佐北区の安佐動物公園では、毎年恒例の合格祈願グッズを販売している。その名も「開運ちしおり」。
 竹の葉を主食とするレッサーパンダのふんを滅菌、濾過(ろか)して残った繊維を紙の繊維と混ぜて作る。レッサーパンダは木登りが得意で、木から「落ちない」。2008年から冬季限定で販売を始め、翌年からアフリカゾウのふんを使ったしおりも作っている。「ビッグな運が開けるように。そんな願いを込めています」と企画広報係の高山真利子さん。
 いずれも1枚150円(税込み)。同園は17日まで臨時休園しているため、管理事務所での販売と10枚以上で通信販売を行っている(手数料、送料別)。問い合わせは同園(082・838・1111)へ。(三宅梨紗子)

漫画家故さくらももこさん(静岡市出身)の愛亀「カメミ」産卵 河津の動物園「iZoo」

2021/01/06 09:14
 静岡市清水区出身の漫画家、故さくらももこさんが生前飼育し、河津町の動物園「iZoo(イズー)」が譲り受けたビルマホシガメ「カメミ」がこのほど、産卵した。カメミは来園した2019年5月以降、複数回産卵したが、ふ化には至っていない。今回は卵を掘り出さず土中にそのままにして、“2世”誕生を待つ。
 同園によると、カメミは3日午後4時半ごろ、飼育展示場で3個を産んだ。同園での初産卵は19年11月で、これまでは温度30度に管理するふ化器に入れてふ化を待ったが誕生しなかった。今回は他種類のリクガメで繁殖の成績が良い自然ふ化を試みることにした。
 白輪剛史園長は「今回は方法を変えてみることにした。誕生を心待ちにしたい」と話した。有精卵であれば150日ほどでふ化するという。

フェリシモ 神戸市立王子動物園のパンダ「タンタン」の便箋を販売

2021/01/06 07:00
フェリシモ 神戸市立王子動物園のパンダ「タンタン」の便箋を販売いつもそばにいる飼育員さんだからこそ撮影できた表情フェリシモが展開するユーモア雑貨ブランド「YOU MORE!」と、神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン」のコラボ第2弾!タンタンは中国への返還が決まっており、来場者やファンからのメッセージを募るなど「ありがとう「タンタン」キャンペーン」が行われています。
今回は、飼育員さんのやさしい目線でとらえたタンタンの日々を収録した便箋「気持ちが伝わる100枚びんせん きょうのタンタン」が登場!12月18日より販売されています。
写真は飼育員さんやスタッフさんが撮影し、「#今日のタンタン」をつけて投稿したツイートからセレクト。いつもそばにいる飼育員さんだからこそ撮影できる、やわらかな表情や愛くるしいしぐさが満載です。SNSに投稿された写真だけでなく、貴重な未公開フォトも!
プレゼントに言葉を添えたり、贈りものを包んだり、壁に飾ってほっこり眺めてたり、使い方もいろいろ楽しめます。購入は、Webショップ、王子動物園公式ショップにて。売上の一部は、神戸市立王子動物園の設備維持費用や動物たちのフード代に活用されるそうです。
YOU MORE!では、1万枚をこえる応募から作った写真集「神戸市立王子動物園のシャイなパンダ タンタ……

姫子セレナーデ ゾウと動物園の70年(5) もっと早く気付ければ

2021/01/06 05:30
 姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)の2代目姫子は一時期、慣れ親しんだ姫路を離れたことがある。 絶滅危惧種に指定されているアジアゾウの自然繁殖を目指し、2013年6月、期限付きで神戸市立王子動物園(神 ...