10周年を迎える大阪・南堀江にあるライブバー南堀江q…|水族館の魚の餌市場規模 競争力のある風景 地域の見通…|国内最高齢のアムールトラ死ぬ 18歳雌 札幌の動物園|他

10周年を迎える大阪・南堀江にあるライブバー南堀江qupeが野外フェスティバル『南堀江動物園』を開催

2021/01/10 18:00
2021年6月27日(日)、服部緑地野外音楽堂にて大阪・南堀江にあるライブバー南堀江qupe主催の野外フェスティバル『南堀江動物園』の開催が発表された。
2021年に10周年を迎える南堀江qupeはライブイベントの開催はもちろんBARとしても営業しており純粋な音楽好きや様々なバンドマン、芸人達が集まり盛上りをみせている。そういったライブハウスとは違った営業形態だからこそできる特別な楽しみ方を体感できる。
『南堀江動物園』では、南堀江qupeにゆかりのあるアーティストや、南堀江qupeが愛したアーティスト達が集結。『南堀江動物園』という名の通り、まるで動物園の中に入ったような様々な音楽を体感できるフェスである。「遊びも仕事も真剣に!!」というモットーを大事にした、他のフェスとは違った楽しみ方を見つけ感じることが出来るイベントなっている。

水族館の魚の餌市場規模、競争力のある風景、地域の見通しとCOVID-19影響分析2020 – securetpnews

2021/01/10 17:15
“最新のレポートでは、水族館の魚の餌の市場の概要を示し、調査は主に市場動向、需要範囲、および予測期間中のこのセクターの将来の機会に焦点を当てています。さらに、レポートは、主要なビジネス株主の地理的な機会と投資を説明する傾向の観点から詳細な統計的概要を提供します。
世界の市場規模、地域および国の市場規模、市場成長の細分化、市場シェア、競争環境、在庫レベル、国内および世界の市場プレーヤーへの影響、サプライチェーンの最適化、輸入の制約、最新の傾向、機会分析、および戦略の詳細な概要市場の成長は水族館の魚の餌の市場レポートに示されています。
このレポートのプレミアムサンプルコピーを入手してください@:
https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-68153?utm_source=NP/SN
重要な市場プレーヤー:
水族館の魚の餌 市場調査 は、事実と統計に加えて、企業プロファイル、過去3年間の財務詳細、施設によって提供される製品とサービス、過去5年間の重要な改善に関する洞察を提供する、業界をリードするリーダーに焦点を当てています。この調査は、市場における著名な業界プレーヤーの状況に関する貴重な統計を提示し、展望と主要な事業開発を提供します。
オーシャンニュートリション、丸紅日……

国内最高齢のアムールトラ死ぬ 18歳雌、札幌の動物園

2021/01/10 14:24
 円山動物園によると、2002年にドイツの動物園で誕生。04年に円山動物園に迎えられた。昨年に腹部に腫瘍が見つかったが、完全に取り除くのは難しいと判断し、投薬治療を続けてきた。12月下旬から食欲が大きく低下していた。

円山動物園の「アイ」病気で死ぬ

2021/01/10 14:05
札幌市の円山動物園で飼育されているアムールトラで、国内最高齢とされるメスの「アイ」が病気のため10日、死にました。
アムールトラの「アイ」はドイツの動物園で生まれ、繁殖につなげることができないかと16年前、円山動物園にやってきました。
国内のアムールトラとしては最高齢の18歳でしたが、去年6月に左のおなかに腫瘍が見つかり、治療を続けていたものの先月下旬から食欲が無くなっていて、10日、死んでいるのが確認されたということです。
動物園は10日から園内に献花台を設けているということです。
動物園によりますと、アムールトラはシベリアから中国東北部にかけての森林に生息する大型のトラで、現在、野生では世界に500頭ほどしかいないとされ、IUCN=国際自然保護連合は絶滅危惧種に指定しています。
動物園では今後、新たなアムールトラの飼育について検討を進めたいとしています。

全国5動物園対抗・カピバラの長風呂対決、勝者の記録は「1時間44分」

2021/01/10 11:27
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

愛らしい「牛魚」すいすい 串本海中公園センター水族館

2021/01/10 10:00
 ウミスズメはハコフグ科の一種で、左右の目の前から牛の角のような突起が生えている。飼育担当の中村公一さん(38)によると、角が生える理由や用途は分からないという。
 体長10センチ前後の6匹が、小さなひれで素早く泳ぐ様子が愛らしいと人気を集める。水槽内にはミニチュアの門松や鳥居などが飾られ、ウミスズメを見ながらかしわ手を打つ来館者もいるという。中村さんは「かわいい魚をみて、新年は少しでも明るい気持ちになってほしい」と話した。
 写真撮影もできる。問い合わせは同館(0735・62・1122)。(直井政夫)

北海道、ため息の「厳しい冬」…空港・観光船・動物園は人影まばら

2021/01/10 09:30
 都内に住む息子夫婦の産前産後を約1か月半にわたって支え、帰ってきた札幌市北区の看護師女性(62)は約2週間、自宅待機するという。検査キットで新型コロナの抗原検査を行い、感染が確認されなければ職場に復帰する。女性は「しっかり対策をして、周囲の人を不安にさせないようにしたい」と話した。
 札幌市の自宅から単身赴任先の都内に戻る会社員男性(58)は「テレワークだけで仕事を済ますことができないので戻るしかない」と複雑な表情で語った。
 大阪など関西3府県も政府に緊急事態宣言の再発令を要請した。空港の土産品店「センカ新千歳空港店」店長の佐藤将英さん(35)は「関西も対象になれば、売り上げがさらに落ち込むかもしれない。在庫を減らすなどして対応していきたい」と話した。
札幌
 全国に先行して、11月下旬から「Go To トラベル」事業が停止している札幌市。昨年は約200万人が訪れた「さっぽろ雪まつり」が、今年は初めて事実上中止となり、例年であれば準備が進む大通公園は9日、人影がまばらだった。
 例年、雪まつり開催中は満室が続く「札幌ビューホテル大通公園」も、2月まで予約が非常に少ないという。担当者は「想像していたように厳しい冬になった。早く良くなってほしいと願うしかない」と語った。
ガリンコ号
25人ほどの乗客を乗せて出港する新造船……

「お尻に一目惚れ」…10年間、上野動物園に通いパンダを撮り続けているワケ(現代ビジネス)

2021/01/10 07:02
「お尻に一目惚れ」…10年間、上野動物園に通いパンダを撮り続けているワケ(現代ビジネス)  Yahoo!ニュース

わかやま新報 » Blog Archive » アルパカの夫婦 お城の動物園に仲間入り

2021/01/10 06:57
和歌山城公園動物園に昨年末、新たにアルパカの夫婦が仲間入りした。
「信州塩尻農業公園チロルの森」(長野県塩尻市)の閉園に伴いやって来た2頭のアルパカは、雄の「パルル」と雌の「アルル」で、ともに10歳。主食の干し草を仲良く食べる様子が見られる。
同園の飼育員、結城優里(ゆり)さんは「特にパルルがアルルにメロメロで、2頭のラブラブな様子に癒やされる」と話す。
一般的にアルパカの寿命は15~20歳だが、15歳くらいまでは繁殖が可能といい、和歌山城整備企画課の湯川英明企画員も新たなアルパカの誕生に期待を寄せる。
チロルの森でもふれあい体験をしてきた2頭は人馴れもしており、湯川企画員は「新型コロナの影響で動物とのふれあいを中止しているが、アルパカとのふれあいができる日まで、ふわふわという言葉がぴったりなアルパカを見ながら楽しみに待っていてほしい」と話している。
アルパカは園内童話園の奥、馬舎の横にいる。問い合わせは同園(℡073・424・8635)。