非首都圏の公営動物園・国立公園ならびに庭園を50%ま…|オンライン水族館始動! 伊勢シーパラダイス をよ…|美ら海水族館への来訪者 62.1%減 沖縄で人出の減…|他

【オンライン水族館始動!】「伊勢シーパラダイス」をより深く、そして生き物たちの魅力をより近く感じて頂けるオンライン水…

2021/02/15 17:46
【オンライン水族館始動!】「伊勢シーパラダイス」をより深く、そして生き物たちの魅力をより近く感じて頂けるオンライン水族館が、2021年2月11日(木)にスタートし、次回放送日と内容が確定しました。:時事ドットコム  時事通信

美ら海水族館への来訪者、62.1%減 沖縄で人出の減少率が最も大きいのは?

2021/02/15 11:07
 分析した地点は那覇、宮古、新石垣の3空港と県庁前、国際通り、首里城公園、松山繁華街、サンエー那覇メインプレイス、サンエー浦添西海岸パルコシティ、イオンモール沖縄ライカム、美浜アメリカンビレッジ、おんなの駅なかゆくい市場、道の駅許田、美ら海水族館、宮古、石垣の市街地。
 このうち、20年の人出の減少率が最も大きいのは首里城公園で、19年比67.6%減。次いで美ら海水族館62.1%減、那覇空港48.6%減、国際通り45.8%減と続いた。いずれも観光客が多かった地点だ。
 セルラーは首里城公園の大幅減について、19年10月の火災による影響が大きいと分析。パルコシティは19年が6月の開業から半年分のデータだったため、プラスになったとみている。
 減少率が小さいのはイオンモール沖縄ライカムの18.7%減、サンエー那覇メインプレイスの19.9%減、県庁前の25.9%減の順。県民がよく訪れる場所は減少率が小さくなる傾向が出た。
 21年もコロナの「第3波」が影響し、各地で大幅な減少が続いている。土日のデータを見ると、直近の2月6、7日はコロナ前の20年1月と比べて52%減となった。内訳を分析すると、県外からの来訪者は89%減っており、10都府県の緊急事態宣言が影響しているとみられる。県内からの来訪者も35%減った。
 セルラーはauユーザーのス……

大物・レッサーパンダがレンタル移籍 決め手は「繁殖」

2021/02/15 07:30
 人気動物のレッサーパンダがいないことは、東山動植物園(名古屋市千種区)の不思議のひとつに数えられてきた。昨年12月、一気に3頭がやってきて、今春、39年ぶりに公開される。「ビッグネーム」来園の決め手になったのは、繁殖を目的に無料で動物を貸し借りできるブリーディングローン(BL)制度だ。
 東山にやってきたレッサーパンダは雌の「まるこ」、雄の「令」「ずん」。いずれも1~2歳と若い個体だ。それぞれ静岡市立日本平動物園、富山市ファミリーパーク、多摩動物公園(東京)で生まれた。
 東山へレッサーパンダがやって来るのは1973年10月以来。飼育していた個体が82年4月に死んでからは、東山にレッサーパンダはいなくなっていた。高齢化で人気動物が相次いで死んでいる東山にとって、久しぶりの「ビッグネーム」加入になる。
 新設したレッサーパンダのゾーンは広さ1544平方メートル。その中に136平方メートルの屋内展示場と寝室、250平方メートルの屋外運動場もある。総事業費は計2億7千万円。うち1億7千万円は市内の女性(故人)からの寄付を活用している。
 1月29日に式典を開いて3頭の一般公開を始める予定だった。しかし新型コロナウイルスの影響で中止。式典をせず、春に一般公開を始める予定だ。飼育担当者は「3頭とも環境になじむ訓練をしており、順応している。いずれは……