横浜の小学生に遠隔で動物園案内|エビの天ぷら? 水族館に展示された“謎の生物”の正…|かごしま水族館に展示されていている ナマコ 詳細は不…|他

横浜の小学生に遠隔で動物園案内

2021/02/25 20:04
新型コロナウイルスの影響で外出を控える動きが続く中、旭川市の旭山動物園では、横浜市の小学生たちにオンラインで園内を案内する催しが行われました。
この催しは横浜市のNPO法人が企画したもので、旭山動物園の坂東元園長が25日、横浜市青葉区の山内小学校の児童およそ100人にオンラインで園内を案内しました。
このうちペンギンの展示スペースでは、飼育員がエサとしてホッケを与える様子を紹介するとともに、健康管理のため食べた量を毎回記録していることを説明しました。
またカバの飼育スペースでは、1頭が水槽の中を泳ぎ回っている様子を紹介するとともに、足に水かきがついていることなどを説明しました。
参加した女子児童の1人は「すべての動物が目の前にいるかのように思えて楽しかったです。飼育員がエサの与え方を工夫していてすごいと思いました」と話していました。
旭山動物園の坂東園長は「新型コロナの影響が続く今だからこそできる取り組みを行っていきたい。状況が落ち着いた後に動物園に来るきっかけになってほしい」と話していました。

「エビの天ぷら?」水族館に展示された“謎の生物”の正体 詳細は不明(ABEMA TIMES)

2021/02/25 17:55
「エビの天ぷら?」水族館に展示された“謎の生物”の正体 詳細は不明(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

かごしま水族館に展示されていている「ナマコ」詳細は不明の生き物

2021/02/25 17:05
鹿児島市のかごしま水族館に展示されている黄金色の謎の生物。まるで「エビの天ぷら」のように見えるが、実はナマコ。【映像】衣(皮)がはがれて白くなったナマコ ※1分ごろ〜水族館に訪れた男の子は「なんで金色になったんだろう?」と首をかしげている。この黄金色のナマコ、奄美地方に生息する「シカクナマコ」の一種と推定されているというが、まだ詳しいことは分かっていない。該当のナマコがかごしま水族館に運ばれた

すみだ水族館「たんぽぽとクラゲ」“ふわふわ”舞うたんぽぽの綿毛×漂うクラゲ、巨大水槽で空間演出

2021/02/25 16:05
すみだ水族館は、春限定の空間演出「たんぽぽとクラゲ」を、6階クラゲエリア「ビッグシャーレ」で実施。2021年3月12日(金)から5月30日(日)まで開催する。
“ふわふわ”舞うたんぽぽの綿毛×クラゲの空間演出「たんぽぽとクラゲ」は、約500匹のクラゲが漂う国内最大級長径7mの水盤型水槽「ビッグシャーレ」とその周辺に、春の訪れを思わせる「たんぽぽ」の空間演出を行う企画だ。
壁面に投影される映像は、たんぽぽとクラゲの一生をリンクさせたストーリー仕立て。空に向かって“ふわふわ”と綿毛を飛ばし、力強い花を咲かせるたんぽぽと、海を“ふわふわ”と漂いながら輪廻するクラゲの一生をシンクロさせている。
映像や音楽で春の訪れを表現床面の映像も、壁面のストーリーに合わせて変化。水槽には、たんぽぽを彷彿とさせるイエロー&ホワイトの照明を施す。さらに、癒しを与えてくれるような音楽を流すことで、空間全体で春の訪れを表現する。
【詳細】
「たんぽぽとクラゲ」
期間:2021年3月12日(金)~5月30日(日)
場所:すみだ水族館 6階クラゲエリア「ビッグシャーレ」
【施設情報】
「すみだ水族館」
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5F・6F
営業時間:平日10:00~20:00、土日祝日9:……

テーマは「連れて歩ける小さな動物園」!個展で完売続出の“ぬいぐるみ”が手のひらサイズになった「Tiny Zoo Fi…

2021/02/25 16:00
株式会社ケンエレファント(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:石山 健三)は、ぬいぐるみアーティスト・AKANE ISHIGAが手がける「連れて歩ける小さな動物園」をテーマにしたぬいぐるみ作品をミニチュアフィギュア化した「Tiny Zoo Figure Collection」を、2021年3月下旬より全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、雑貨店、オンラインショップなどで販売いたします。
また、本日より ケンエレファントのオンラインショップでも8個入りパックの予約を開始しました。
▼「Tiny Zoo Figure Collection」商品ページ :https://kenelephant.co.jp/gc0155/
■洋服を着て二本足で立つ、個性的な動物たちの魅力を再現
AKANE ISHIGAは、洋服や小物などディテールだけでなく、使用する素材にもこだわった手作りのぬいぐるみを制作するアーティスト。「連れて歩ける小さな動物園」をテーマに生み出されるキュートなぬいぐるみチャームが、女性を中心に圧倒的な支持を得ています。
ケンエレファントは、この人気シリーズから、ねずみやペンギンなど6匹の動物たちをピックアップしミニチュアフィギュア化。
細部まで凝った可愛らしいぬいぐるみたちが持つ魅力を、AKANE ISHIGA監修のもと……

「メイ」がいっぱい 鳥羽水族館の人気ラッコ、3月配布の市消防広報紙に

2021/02/25 15:32
 鳥羽水族館(鳥羽市)の人気者ラッコの「メイ」が、鳥羽市消防本部の広報紙「消防だより」に初登場する。春の全国火災予防運動(3月1〜7日)に合わせ、同本部は、春と秋の年2回出す広報紙の3月配布分に起用した。(北浜修)

カブトガニの赤ちゃん育てて エビとカニの水族館が子ども研究員:紀伊民報AGARA

2021/02/25 14:30
 和歌山県すさみ町江住にある「エビとカニの水族館」は、アメリカカブトガニの幼生を自宅で育ててくれる「子ども研究員」を募集している。
 間近で見る機会の少ない生物に触れてもらおうと企画した。
 育ててもらうのは、全長1~3センチの幼生で、昨年の2月に同館で初めてふ化した一部。観察して気付いたことや分からないことがあれば随時、質問してもらい、「一緒に育てていけたら」と話している。
 カブトガニはふ化した幼生から脱皮するごとに〝齢〟で数える。今回、受け渡すアメリカカブトガニは7、8齢。今後も脱皮を繰り返して大きくなるという。
 「子ども研究員」の対象は県内在住の小学生~高校生で、飼育環境を整えられる人。定員は3人で、応募が多い場合は抽選。1世帯1人のみ申し込める。引き渡しは3月20日で、同日の午後2時半~4時に説明会を開く。飼育員がカブトガニの生態や育成方法を話す。
 申し込みは同館のホームページにあるフォームから必要事項を記入して送る。3月7日締め切り。
 問い合わせはエビとカニの水族館(0739・58・8007)へ。

長野に「オランウータンの森」 茶臼山動物園でほぼ完成

2021/02/25 11:02
 長野市茶臼山動物園で、絶滅危惧種オランウータンの新しい飼育・展示施設「オランウータンの森」の整備がほぼ終わった。雑木林を生かして本来の生息環境に近づけ、生態に理解を深められるようにする狙い。別の獣舎 ...

「最初の動物」はクマ、シカ、ワシ 円山動物園70周年 記念ランチで祝う

2021/02/25 10:49
何ともかわいらしいランチが登場します。札幌市の円山動物園の開園70周年を記念した特別ランチやケーキが、札幌市内のホテルで提供されます。
ライオンが描かれたオムレツに、シロクマ仕立てのミルクアイス。ポテトサラダには70の数字が入っています。
これは円山動物園の開園70周年を記念した「動物ランチ」です。
札幌のホテルのレストランで4月末から提供される予定で、さっそく円山動物園の加藤園長が訪れ、試食しました。
(札幌市円山動物園 加藤修園長)「こういう形でたくさんの方に応援していただけてとてもうれしい」
5月に開園70周年を迎える円山動物園。器用に鼻を使ってエサを食べるアジアゾウの姿が楽しめる「ゾウ舎」は2年前に完成し、全国の動物園から注目される最先端の施設です。
(札幌市円山動物園 飼育統括係 小林真也さん)「動物福祉に配慮した動物ファーストということを理念に掲げておりますので、例えば、砂の中に穴を掘ってその中にリンゴなんかを埋めておくと、嗅覚で探して掘り当てて食べたり、食べる時間を長くする工夫もしています」
ゾウの生活の大半を占める食事の時間に、飽きさせない工夫をしながら、自然に近い形でゾウを第一に考え抜いた施設です。
円山動物園は1951年5月5日に開園。
当初はヒグマのつがいとエゾシカ1頭、オオワシ1羽の3……

四国水族館夕焼け、全国フォトコン入賞 山口の藤田さん撮影

2021/02/25 10:30
へぇー! ほんと? なるほど、ほろり… 47都道府県の1万人の新聞記者が取材した、ホっとするニュース。津々浦々で日々おこっているびっくりするような話題や心温まるニュースなどを集約。

魚類収集家の高2、サンシャイン水族館に2月27日出演…栄東

2021/02/25 05:00
読売新聞社の運営するサイト 発言小町「発言小町」は、読売新聞が運営する女性向け掲示板で、女性のホンネが分かる「ネット版井戸端会議」の場です。
ヨミドクターyomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。
OTEKOMACHI「OTEKOMACHI(大手小町)」は読売新聞が運営する、働く女性を応援するサイトです。
idea marketidea market(アイデア マーケット)」は、読売新聞が運営するクラウドファンディングのサイトです。
美術展ナビ読売新聞が運営する美術館・博物館情報の総合ポータルページです。読売新聞主催の展覧会の他、全国美術館の情報を紹介します。
紡ぐプロジェクト文化庁、宮内庁、読売新聞社で行う「紡ぐプロジェクト」公式サイト。日本美術と伝統芸能など日本文化の魅力を伝えます。
読売調査研究機構東京、北海道、東北、中部、北陸を拠点に、著名な講師を招いた講演会や対談、読売新聞記者によるセミナーなどを開催しています。
……

クラゲの餌代、水族館がクラウドファンディング…目標の倍近い956万円集まる(読売新聞オンライン)

2021/02/25 01:24
クラゲの餌代、水族館がクラウドファンディング…目標の倍近い956万円集まる(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース