ウチのどうぶつえん モフモフたちの 住まいを作るのだ…|横浜・ズーラシア 高濃度の次亜塩素酸ナトリウムを誤放流|さかなクン まるで水族館!?80種類・300匹!自宅…|他

ウチのどうぶつえん「モフモフたちの、住まいを作るのだっ!」5月27日放送

2022/05/28 19:25
5月27日(金)午後7:25~放送予定の「ウチのどうぶつえん」では旭山動物園のヒグマの展示を取材しています。
「ウチのどうぶつえん」について今年度は30分にパワーアップ!毎回テーマを設けて、色々な動物園から飼育員さんが記録した映像を中心にお伝えします・・・癒やしと感動に、「へ~」という発見も!ぜひ、ご覧ください!
「モフモフたちの、住まいを作るのだっ!」親子で見たら絶対楽しい!世界一幸せな動物ことクオッカや、モフモフでピョンピョン(?)なハイラックスの住まいを手作りする、動物園の超・ウラ側の話なんだけど。
それから、園のスタッフではないにも関わらず、推しのライオンのために、と展示スペースを改良しちゃった人も登場!そこまでやる~?と笑ったり感心したり驚いたり。▽せっかく作ったビーバーの巣を破壊?する飼育員さんの真意とは?▽北海道の有名動物園が、新しいヒグマ展示を通して訴えたいこと。▽近所の動物園でも、展示スペースの作り方に注目したら、絶対楽しいと思う。だからこの番組をチェックしてみてください。
ウチのどうぶつえん「モフモフたちの、住まいを作るのだっ!」
放送は、5月27日(金)午後7:25~7:55

横浜・ズーラシア、高濃度の次亜塩素酸ナトリウムを誤放流

2022/05/28 18:25
 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)は28日、高濃度の次亜塩素酸ナトリウムを含む水を、近くの小川に放流する事故があった、と発表した。現時点で健康被害は確認されていないという。
 同園によると、次亜塩素酸ナトリウムは、ペンギンなどの展示プール水を消毒する際に使用する。27日午前6時ごろ、管理スペースの防液堤内に滞留しているのを職員が発見。塩素濃度の測定で基準内と判断して排水したが、市民から「小川に魚が浮いている」と連絡があり、再確認したところ、測定値を誤って判断したことが判明した。
 同園は「滞留した原因特定を急ぐとともに、排水管理・方法の検討を行い適切に対応していく」としている。

さかなクン、まるで水族館!?80種類・300匹!自宅にある「フィッシュハウス」公開

2022/05/28 17:19
 さかなクンが、28日放送の『土曜スタジオパーク』(NHK)に出演。自宅にある水族館なみの水槽を公開した。
 その名も「フィッシュハウス」。中にいるのは80種類、300匹ほどの海水魚。漁師からいただいたものを育てているという。そこには普段はあまり見かけない色彩豊かな魚が泳いでいた。
 水質管理のために使用しているのは、東京海洋大学が研究用に使っている、殺菌・ろ過された海水。同大学は彼が彼が名誉博士・客員准教授を務める場所でもあるが、これを特別にもらって、最大6トンの貯水槽で管理している。
 さかなクンは、魚の体調管理も怠らない。一匹一匹の健康状態を逐一確認し、漁の際に傷ついた魚や、具合が悪そうな魚は薬で治療。さらには魚同士の相性をみて「良くなさそうだなというときは違う水槽に移してみる」など、細かい配慮をしているという。
 ただし「私も出張など何日も留守にしていることも多いですので、ほとんど、さかなクンのお母さんが見てくれていて」と、母親が魚の面倒を見ることもあると告げた。これにハリセンボン近藤春菜は「そうなんですね。さかなママさんありがとうございます」と礼を述べると、彼も「(母親は自分で)フィッシュハウス館長と申しております」と笑っていた。《杉山実》

沖縄美ら海水族館をオンラインでも楽しもう

2022/05/28 17:02
沖縄美ら海水族館では体験プラットフォーム「aini(https://helloaini.com/)」を利用し、定期的にオンラインイベントを開催しています。
水族館の博士や飼育員たちが、いきものの魅力をご紹介します!!

時空を飛び越える神話的なストーリー、水族館劇場「Naufragio 出雲阿國航海記」開幕(ステージナタリー)

2022/05/28 13:22
時空を飛び越える神話的なストーリー、水族館劇場「Naufragio 出雲阿國航海記」開幕(ステージナタリー) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

よぼよぼのライオン「安楽死させるべき?」動物園が伝えたい老いと死

2022/05/28 12:53
 秋田市の大森山動物園(あきぎんオモリンの森)で今春、ユキヒョウの赤ちゃんが生まれた。一方、老いたオオカミは引退し、レッサーパンダは他界した。生き物を飼ううえで避けられない「生老病死」が伝えるものとは。
ユキヒョウの赤ちゃん誕生 4月30日、ユキヒョウのリヒト(オス、6歳)とアサヒ(メス、11歳)の間に赤ちゃんが誕生した。大森山では22年ぶりだ。
 リヒトは旭山動物園(北海道…

インドクジャク「ヒスイ」がおびひろ動物園に仲間入り(十勝毎日新聞)

2022/05/28 11:23
 おびひろ動物園(柚原和敏園長)に、インドクジャクの「ヒスイ」(雄、7歳)が仲間入りした。
 ヒスイは同園が飼育する「メリー」(雌、2歳)のパートナーとして、旭山動物園(旭川市)から12日に譲り受けた。
 担当飼育員の牧野由巳華さんによると、ヒスイは同園で飼育してきたインドクジャクの中でも羽が長く色鮮やか。早速メリーへのアピールのため羽を広げ、迫力のある姿を見せている。

豊かな海守る藻場 知って のとじま水族館で企画展

2022/05/28 05:05
▽海藻採取 七尾湾の環境再現 能登の美しい海を守り、豊かな水産資源を育む「藻場(もば)」の重要性を伝えようと、海藻やそこにすむ生物をクローズアップした企画展「能登の海 藻場の生きものたち」が、七尾市能 ...